速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第49回】

ペットを飼う7つの注意点

あなたの隣の感染症

人畜共通感染症

 「サンタさんがワンチャンをプレゼントしてくれたの!」。今夏に念願のペットも飼えるマンションに引っ越したKさん一家。幼稚園に通う娘の強い希望で、クリスマスプレゼントにチワワを購入した。

 過熱する一方のペットブームだが…。屋内で小型ペットを飼うなど、接触の機会が増えるにつれ、動物と人間の間で感染する病気「人獣共通感染症」にかかるリスクは増えている。

 「ペットは私たちを癒やしてくれる最良の友です。でも正しい飼い方の知識がないと、ペットから病気をもらう危険性が潜んでいるのです」と話すのは、感染症に詳しい京葉獣医師会副会長でもある伊東彰仁氏だ。

 人獣共通感染症には、すべてのペットを襲う可能性のあるQ熱のほか、ノミ、カビ、回虫(幼虫移行症)、犬や猫のパスツレラ症や、鳥のオウム病、日本にはないが狂犬病などもある。

 伊東氏は著書「危ない!ペットとあなたを感染症が襲う」の中で、犬、猫、鳥の病気と、それが人間に感染した場合の症状、治療法、予防法などを、解説している。動物がこれらの病気にかかった時には、獣医師に診察してもらうことになるのだが、もし病気が人間に感染して発症した時、さまざまな症状があっても動物からの感染であることに、気づかない場合も多い。

 人間の診察の時に、ペットの存在を告げることが早めの診断に役立つこともある。飼い主は、感染症の知識を持とう。伊東氏にペットを飼う注意点を聞いた。

 (1) 飼い主が管理できる温厚な性格のペットを選ぶ
 (2) キス、口移しなど過剰な接触は避ける
 (3) ペットに触った後の手洗い、うがいを習慣づける
 (4) トイレの始末など飼育環境を清潔に保つ
 (5) 寝室、食卓にはペットを入れない
 (6) 予防接種は必ず受ける
 (7) 高齢者や乳幼児、持病のある人はより密接な環境での飼育は避ける

【ジャーナリスト 月崎時央】

「危ない!ペットとあなたを感染症が襲う」

 (伊東彰仁著、ワニマガジン社)ペットとの暮らしを感染症予防の視点から分かりやすく解説する。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ