速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【最終回】

知識と決断が身を守る

あなたの隣の感染症

 感染症は、私たちが生活習慣を整えること、知識を持ち、予防接種をしたり、感染の機会を減らす工夫をすれば回避できる部分も多い。だが一方で、避けようのない感染症もあり、中には治療に一刻を争う場合がある。原因不明の発熱や下痢などの急性症状で「いつもと違う」と感じた時は、すぐ病院へ行くべきだ。

 日本感染症学会の斎藤厚医師(琉球大第1内科教授)に、医師に伝えるべきポイントを聞いた。

【最近の生活について】

 ▼普段と違うものを食べたり飲んだりしたか
 ▼家庭、職場、学校などで同じ症状の人はいるか
 ▼海外旅行か、海外から来た人との接触をしたか
 ▼ペットを飼っているか、ペットに異変はないか
 ▼山や海や川などに行ったり、動物や植物と接触はあったか

【病歴について】

 ▼過去にかかった病気、診断名(不明の場合は、状況を説明)
 ▼過去、現在でのんでいる薬の名前と量
 ▼薬、その他のものに対するアレルギーの有無
 ▼家族の病気(祖父母、両親、兄弟など)
 ▼飲酒歴、喫煙歴、不法薬物使用歴、職業、結婚の有無(HIVのリスクなどのため)、子供の有無、家族構成など
 ▼治療を受けてなくとも、気になる持病や体質(水虫や虫歯も含む)

 残念ながら、日本には感染症の専門医は多くない。感染症で治療が急を要する時に「風邪でしょう。様子をみましょう」という悠長な診断をされ、治療が遅れるケースもあるのが現実だ。医師への信頼は大切だが、診断に納得がいかない場合には、感染症専門医のいる病院を探すことも必要だ。また早く適切な診断を得るためには、患者が医師に正確な情報を伝え、コミュニケーションをとろう。感染症に関する知識と決断がきっと、あなたの身を守ることにつながるはずだ。(終わり)

【ジャーナリスト 月崎時央】

感染症専門医

 日本感染症学会が認定。現在日本に769人。病院内で各科を隔てず横断的に活動する感染症専門医もいる。日本感染症学会HP=http://www.kansensho.or.jp/
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ