速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第9回】

禁煙でノドの掃除機能回復

あなたの隣の感染症

インフルエンザ3

 「おかえりー。うがいと手洗いをしなさーい。インフルエンザになっちゃうよお」。この季節、K君(12)が学校から帰ると、お母さんは毎日こう言う。ところが最近少し理屈っぽくなってきたK君は、こう切り返したのだ。「帰ってくるとすぐ、うがいっていうけど、朝から教室でせきをしてるやつがいっぱいいるのに、今ごろうがいしても間に合うのかよお?」。

 「うーん確かに…。ウイルスを吸い込んでから5時間後のうがいは有効?」お母さんは、答えにつまった。

 「インフルエンザウイルスは、飛まつ感染といって、せきなどで飛んだウイルスがどこかについていて、それが人の手によって口に運ばれます。口に入ると20分足らずで粘膜に取り込まれるという報告があります。うがいも大事ですが、手洗いの方が、ウイルスが口に入るのを防止する点で確実です。また、せきをしている人がマスクを着用するエチケットも大切です」と説明するのは、新潟県立六日町病院麻酔科の市川高夫医師だ。

 しかし、冬の病気はインフルエンザばかりではない。「うがいは、ウイルス以外の細菌などに効果があります。口の中や気道に付着した菌は気道の繊毛運動や粘液で、徐々に口の方に排出されてくるのです」(市川医師)。

 繊毛運動というのは聞き慣れない言葉だが、これは私たちのノドの自動掃除機能のことで、汚いものやばい菌などを痰(たん)として口の外に出してくれる。「ところが排気ガスやたばこの煙はこの繊毛運動を邪魔します。例えば1本のたばこでこのデリケートな繊毛運動が3日間も働かなくなるというデータもあります。愛煙家であれば、まずたばこをやめて、繊毛運動を正常にすることが先決です」と市川医師。

 手洗い、うがいの徹底、そして禁煙も、インフルエンザやSARSなど深刻な感染症防止につながるのだ。

【ジャーナリスト 月崎時央】

飛まつ感染

 5ミクロンより大きな飛まつは、1メートル飛ぶのがやっとで30秒ほどで床に落下する。空気中に菌やウイルスなどの病原体が舞う空気感染と区別される。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ