速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第1回】

現代社会ばらまく“心の風邪”ウイルス

今、心の診察室では

 精神神経科は大きな変動期を迎えている。まずは国の方針によって変わらざるを得ない点が大きい。加えて、患者のニーズに応えた変化も出てきている。

 現在、日本の精神神経科病床は全国で約33万床。ところが、国の方針で約7万5000床が減少してしまう。

 「病院は機能分化を進めていますが、200床以下の小さな病院はその機能分化が極めて難しいので、どんどん閉鎖に追いこまれ、クリニックへと変わっているのです」というのは、ひもろぎ心のクリニック(東京都豊島区巣鴨)の渡部芳徳理事長。

 機能分化は精神神経科の病院のみならず、すべての病院で進んでいる。精神神経科の場合も、急性期医療を行う病院、痴ほうを担う病院、在宅介護に主力を置く病院などさまざまである。ところが、最も患者の多い「うつ病」「軽症うつ病」の患者を入院させて治療する病院が極めて少ない。

 「うつ病、軽症うつ病は外来で診るという形で進んでいるんです。精神神経科の病院が減少する一方で、心のクリニックが急増しています。東京では心の病気を診るクリニックがこの2年間で約150%も増えているのです」(渡部理事長)。

 そして、そのクリニックの多くが類似性を持っている。(1)駅から5分以内と便利(2)雑居ビルの中に入っている(3)ビルの1階ではなく2階以上、という点である。

 「交通が便利で、さらに雑居ビルの2階以上であれば、クリニックに入ったのかどこへ入ったか分かりません。それがうつ病や軽症うつ病の方々にはいいようなんです。実際、それがクリニックに足を運ぶ患者さんが増えた原因にもなっています」と渡部理事長。

 つまり、患者にとって心のクリニックは随分と敷居が低くなってきたのだ。

 とはいうものの、やはりうつ病、軽症うつ病で悩んでいる人が増えているからクリニックが増加する。そして、この“心の風邪”といわれる病気にかかり、治療を必要とする人は全体の約8%に達するという報告もある。それほど多いのは、現代社会が“心の風邪”のウイルスをばらまいているから、と多くの専門医が指摘している。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

心の診療科

 軽症うつ病、うつ病、心身症といわれる病気を専門に診察するのが精神科、神経科、心療内科を掲げている病医院。心療内科によってはうつ病の診察を得意としないケースもあるので、その場合は専門医を紹介してもらうべきである。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ