速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第13回】

増加する男性の性嫌悪症

今、心の診察室では

 最近、男性の性嫌悪症が増えている。

 「それまではセックスができていたのに、あるときから妻との状況に限って、心因的にダメになるのが特徴です。患者さんの統計を見ますと、84年から96年までの13年間に男性の性嫌悪症は2人にすぎませんでした。しかし、97年から年々増え始め、去年5月15日までには136人にものぼりました」と、日本性科学会副理事長の「あべメンタルクリニック」(千葉県浦安市)の阿部輝夫院長は説明する。

 性嫌悪症は、勃起以前の性欲の問題。たとえば30代のAさんは、20代のころは交際中だった妻と普通にセックスができていた。ところが、結婚した後できなくなってしまう。他人から見れば、Aさん夫婦は手をつないで買い物をしたり、スポーツを楽しんだりと、非常に仲が良い。それでも、セックスに限って妻を拒絶するようになっていた。ベッドの中で妻から求められると、「やめてくれ!」と手を振り払うほど。妻には全く性欲がわかなくなってしまったのである。

 「近年、なぜ増えているのかは現在研究中ですが、原因としては愛情の質が変わったことが考えられます。以前は男女の愛情関係だったものが、結婚や同居、妻の出産を機に妻に対して肉親愛や家族愛に変わってきてしまう。妻に対して母親や妹とするような近親感が芽生え、セックスへの恐怖心を持ったためにできなくなってしまうのです」。

 初めはときどきセックスができたとしても1年、2年放置しておくと症状は悪化。おかしいと感じた妻が受診するように勧めても、「セックスなしでなぜ悪い」などと拒絶していると、全く性欲がなくなってしまう。

 「治療の基本は心理療法。なぜ性嫌悪症に陥ってしまったのか原因を見極め、性への恐怖心を取り除くようにします。また、性嫌悪症は一種の恐怖症なので、薬物療法も行います。早期であれば治療も短期間で済みますから、妻を払いのけるようになる前に相談に来ていただきたいと思います」。

 自分で治すことは極めて困難な性嫌悪症だけに、早めの受診を心掛けたい。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

性障害について

 男性の場合は性欲の問題、勃起障害、射精障害など。女性の場合も性欲の問題、性交疼(とう)痛症や腟(ちつ)けいれんなど性交時の障害、オルガスム障害などがある。また、他の性の問題として心と体の性の不一致による性同一性障害や性し好異常などもある。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ