速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第32回】

発症しても自覚ない拒食症

今、心の診察室では

摂食障害(上)

 10歳から20歳の女性に圧倒的に多い心療内科の疾患がある。90年代には大きな社会問題となった拒食症、過食症だ。どちらも食行動に異常がみられることから、2つを合わせて「摂食障害」と呼んでいる。

 「20対1の割合で圧倒的に女性が多く、今も増えています。最近は男性にも増えてきました」というのは、摂食障害の治療で有名な九段坂病院(千代田区九段南)心療内科の山岡昌之部長。

 食事を受けつけなくなる拒食症は、ダイエットをきっかけとして発症するケースが多い。やせるにつれ、より極端と思えるダイエットにはまっていってしまう。「どんどんやせて、その人の標準体重のマイナス20%以上のやせ状態が3か月以上続いたとき、これを拒食症と診断します」。

 極端なやせ願望は、鏡の中の自分自身の姿さえも客観的に見られなくなってしまう。そのため、周囲の人が見ると「やせ過ぎ」であっても、本人は足も顔もふくらんでいると思ってしまう。だから、まだまだやせようと努力してしまうのだ。結果、身体に異常が起きてくる。無月経、脈が遅くなる徐脈(じょみゃく)、低血圧、低体温、背中を中心に産毛がたくさん生えてくる。

 「それでも本人は病気とは思っていません。が、親が気付いて婦人科へ連れていかれます。そして、婦人科から心療内科を紹介されて受診されるのが典型的なパターンといえます」。

 摂食障害は前述のような病状に周囲が気付いて受診するため、症状が進みすぎるときには危険な状況にもなる。摂食障害の合併症で生命の危機を招いたり、また、うつ状態から自殺することもけっして珍しくはない。

 治療は症状に応じて「抗うつ薬」「睡眠薬」などの薬物療法に加え、入院しての栄養補給が行われることもある。が、基本は心理療法。「心の発達のゆがみによって起こるのが摂食障害ですから、心理療法が重要なのです。その柱として私たちが取り入れているのが“再養育療法”です」。

 摂食障害の治療で大きな効果をもたらしている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

摂食障害の増加

 厚労省が98年に行った「中枢性摂食異常症の全国疫学調査」によると、その患者数の推計は以下の通り。人口10万人に対して、80年は1・5人〜1・8人、85年は2・9人〜3・7人、93年は4・9人、98年は18・5人と急増している。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ