速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第43回】

ストレスで口が開けられない

今、心の診察室では

顎関節症(上)

 齒科の疾患で「顎(がく)関節症」はすっかり浸透した病気になった。「口が開けにくい」「コキコキ、クリッといった雑音が口を開け閉めするときに出る」「あごの関節部が痛い」…などの症状を訴えて患者は受診する。

 昨年4月にデパートに就職したB子さん(23)は、4カ月後、あご関節部から雑音の出ることに気付いた。同時に口があけにくくなった。ある休日。母親が昼食にすしをとってくれ、2人でまずは大好きな中トロに手を伸ばし、口へ運んだ。すると、B子さんの口に、これまではスルリと入っていたはずのすしが入らないのだ。すしの大きさ以上にB子さんの口が開いていない。B子さんはもっと大きく口を開けようとした。ところが、あご関節部が痛んでそれ以上開かない。結局、その日はすしを包丁で4分割して口に入れた。

 そして、次の休日に日大歯科病院(東京都千代田区)口腔診断科を受診した。「顎関節症の原因には5つほどあります。第1は顎関節の位置の異常と形態の異常。第2は慢性外傷性病変などによる咬(こう)合異常。第3は筋の異常な緊張。第4は神経筋機構の問題。そして第5は精神面の問題です。検査は5つほどの原因すべてを疑って行います」。

 結果、B子さんの場合は精神面が大きく関与していた。大事に育てられてきたとあって、職場になかなかとけこめなかった。毎日が緊張の連続で、何をするにも「失敗したらどうしよう」と不安が先に立つ。女性の上司は、最初が肝心とばかりに、すべてに厳しいチェックを入れる。そんなストレスを学生時代の仲間と会ってワーッと発散しようにも、休日が異なるのでそれもできない。結局、顎関節症という心身症となってB子さんを襲った。

 「B子さんの場合はカウンセリングと薬物療法。それに、静かにしているときはB子さん用につくったスプリントを使ってもらうようにしました」。治療のかいあって、B子さんは約6カ月で回復した。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

スプリント

 いわゆるマウスピース。上と下の歯が約1ミリ前後開いている状態が最もリラックスできるので、そうなるようにスプリントはつくられる。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ