速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第5回】

病院から通勤「ナイトホスピタル」

今、心の診察室では

 「ナイトホスピタル」をご存じだろうか。患者が病医院で治療を受けながら、会社に通う医療システム。東京の初台関谷クリニック(渋谷区初台)には19床が用意されている。

 「軽症うつ病の方々が対象です。会社で嫌なことがあって出社するのがつらい。リストラでつらい思いをしているなど、いろいろ悩みをお持ちなのですが、それでも会社はやめるわけにはいかない、という方々です」。そう関谷透院長が言う軽症うつ病の患者たちは、より的確な病名にすると「出社拒否症」「帰宅拒否症」などになる。

 「大きなストレスが精神的重圧となって患者さんに重くのしかかっています。ナイトホスピタルはその状況から一時的に解放されて回復してもらうのです」(関谷院長)。ある意味、軽症うつ病にかかったビジネスマンの“かけ込み寺”ともいえよう。

 ナイトホスピタルの1日は、原則的に午前5時の起床から始まる。「うつ病の方々は午前中が気分が重いという特徴があります。それをやわらげるために散歩に出かけたり、ゆったりと朝食をとったり、ゆとりある時間を過ごしてもらいます。都心にあるのでラッシュに遭うことなく出勤してもらいます」と関谷院長は説明する。

 門限は7時。だが、多くの人は午後6時までには戻り、入浴、食事をすませた後、午後8時ごろから抗うつ薬の点滴を行う。この点滴に1時間30分から2時間かかる。「抗うつ薬にはのどが渇く、眠くなるなどの副作用があります。そういった副作用も、患者さんがすぐに眠りますので問題なくなります。逆に睡眠薬などを使わなくてもよく眠れていいようです」。

 また、関谷院長は帰宅時に「今日は何か問題はなかったですか」と声をかけ、変化をキャッチするように努めている。消灯は午後9時だが、点滴との様子で多少時間がずれることもある。入院は週5日で、あとの2日は自宅に戻る。回復にともなって在院日数を減らし、退院となる。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

ナイトホスピタル

 病医院に入院し、そこで治療を受けながら会社に出勤する。うつ病の治療のみならず、ウイルス性肝炎の治療でも導入されている。健康保険は適用されている。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ