速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第68回】

自覚が大切、職場ストレス

今、心の診察室では

腰痛(心身症)

 リストラや実力主義など年功序列が崩れた職場環境は、人々に過大なストレスをもたらし、心身に悪影響を及ぼしている。

 海外駐在を命じられた40代のAさんは、現地で新規事業の立ち上げのため奔走していた。そんなある日、打ち合わせに向かおうとした途端、急に腰に激痛が走った。初めは「ギックリ腰か?」と思ったが、腰痛は日増しに重くなるばかり。だが、病院で検査を受けたものの、異常なしと診断されてしまう。腰痛は一向によくなる気配はない。数箇所の病院を受診したが原因はわからず、結局、帰国して精密検査を受けることに…。

 ところが、日本の病院でも検査結果は異常なし。腰痛を抱えてくたびれ果てたAさんは、医師から心療内科への受診を勧められた。カウンセリングなどを受けて、腰痛の原因が心身症であることが判明した−。

 「症状が出たのは、職場のストレスが原因。そう自覚できない方が最近は増えています。腰痛だけでなく、不整脈や高血圧、高脂血症、頭痛など、多くは自律神経系に関わる症状が生じ、職場で優秀な人たちがダウンしてしまうケースが多くなっているのです」と、国立精神・神経センター国府台病院(千葉県市川市)の石川俊男部長は説明する。

 Aさんは職場から離れた地方の診療所で転地療養をし、すっかり腰痛も治った。2カ月後には職場復帰。しかし、同じ職場に戻れば元のもくあみという人も増加しているのだ。

 「多くの場合は、規則正しい食生活にし、生活のリズムを取り戻すことで症状はよくなります。ところが、その段階で復帰をすると、再び同じストレスにさらされ、再発してしまう人がいるのです」(石川部長)。

 優秀な人々は、従来から仕事をハードにこなしている。職場復帰を果たすと周囲からの期待も大きい。本人も「またがんばりますからよろしく!」と、仕事に打ち込み、以前と同じようなストレスを抱えることになる。そして、再びダウン。

 「120%の力で行っていた仕事を70〜80%に抑え、質の高い仕事内容にすることが必要です。この復帰の仕方がとても大切。そのスタイルで3年ほど過ごせば、健康で充実したものにすることが可能です」(石川部長)。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

心身症

 ストレスによって身体にさまざまな症状を引き起こすのが心身症。代表ともいえるのが胃・十二指腸潰瘍、高血圧や低血圧、気管支喘息、片頭痛、めまいなど。カウンセリングや薬物療法などの治療と同時に、ストレス対処が完治のカギとなる。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ