速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第71回】

たかがストレス→不治の病

今、心の診察室では

胃かいよう(心身症)

 ストレスによる疾患で、最もポピュラーといえるのが胃かいよう。胃がキリキリと痛み始めれば「ストレスのためかな?」と思いそうだが、放っておく人たちがいる。

 「胃痛や頭痛などはストレスのサイン。体が警告を発しているわけですから、その時点で注意する必要があります。しかし、サインが出ても、気付かぬふりをする人たちがいるのです」と国立精神・神経センター国府台病院(千葉県市川市)の石川俊男部長は警鐘を鳴らす。

 40代のヘビースモーカーのDさんは、3つの職場を掛け持ちしていた。昼夜を問わず仕事をし、週3日の徹夜は当たり前。そのおかげで家計は潤い、家族は元気に過ごしていた。時々胃がキリキリ痛むことはあったが、市販薬をのめばOK。「オレの体は丈夫だ!」と思いながら仕事に明け暮れた。

 そんなある日、たまたま仕事が重なり、1週間続けて徹夜をした翌日、自宅で大量吐血に見舞われ倒れてしまう。運ばれた病院で巨大な胃かいようができ、血管が切れていることが分かった。医師からストレスについて尋ねられたが「全然ありません」と答えるDさん。「仕事は充実しているし、何の問題もないのです」という。退院後も、従来通りの生活を続けたが、数年後、食道がんが発見され闘病生活を余儀なくされることに…。

 「他人から見ればむちゃくちゃな生活でも、ご本人たちはその方法でないと社会に適用できないことがあります。1日に何十本もたばこを吸い、10時間以上も働き、酒も飲む。そういう人々はストレスのサインに気付こうとはしません。むしろ、ストレスで症状が出るのは、弱い人間との発想があって認めたくないのです。胃かいようは究極のアラーム。治療を受ければ治ります。しかし、放っておくと、悪性腫瘍(しゅよう)など治らない病気になることがあるのです。サインを見逃さず、健康を保っていただきたいと思います」(石川部長)。

 たかがストレス、胃かいようと侮らず、早めに専門医による治療を受け、生活習慣の改善を心掛けよう。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

胃かいよう

 最近はヘリコバクター・ピロリ菌による感染症として治療され、再発も防げるとされている。が、その発症にはストレスの関与が大きい。重大な病気に発展しないようにストレスを見直し、日常生活を健康的なものにすることが必要。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ