速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第72回】

不安と緊張が便意を加速させる

今、心の診察室では

過敏性腸症候群(心身症)

 ビジネスマンのA男さん(33)は、朝になると腹の調子が悪かった。「前の晩に飲みすぎたかな」などと思っていたが、飲まない晩の翌朝も腹痛と下痢が襲う。それも、家を出るまでは問題はなかったのだが、通勤電車に乗ると、便意を催してしまう。冷や汗が出て、我慢も限界に…。慌てて途中下車をして、駅のトイレに駆け込む。このような状態が続くので、各駅のトイレの場所はすべて覚えてしまった。

 これでは毎朝の通勤は憂うつ。何とかならないものか…。A男さんは検査を受けようと消化器内科を受診。診断は「過敏性腸症候群」だった。

 大腸の動きは食べ物に対してだけではなく、気温、環境、日常生活にも反応する。また、不安や緊張、興奮、恐怖などの精神的ストレスにも大腸は過敏に反応する。

 電車に乗って腹の具合が悪いと思って緊張したり、不安になったりすると、さらに大腸の動きは活発になってしまう。それがA男さんのような状態をつくってしまうのである。重症になると、各駅ごとにトイレにかけ込まなければならない人もいるほどだ。普通の通勤電車にはトイレが付いていない。それが不安と緊張をより高めてしまう。会議中も同じで、途中退席はなかなか難しい。

 A男さんは処方された薬をのむようにしたが、あまり症状は改善されなかった。A男さんのようなタイプは、もともと腸が過敏なため「ストレスが関与している」といわれると、すべてストレスと考えてしまう。実は、日常生活のゆがみもあることに気付いていないケースが多いのである。

 A男さんの場合、夕方になると腹痛が治まる。会社帰りにはストレス解消とばかりにガブガブ酒を飲み、ニンニク料理やスパイシーな料理を食べていた。A男さんは自ら大腸を刺激していたのである。

 この点を医師から指摘されたA男さん。その食生活を自覚して改め、規則正しい生活を送ることで、次第に過敏性腸症候群は軽くなっていった。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

薬物療法

 過敏性腸症候群では精神安定剤、消化器の運動機能改善薬、腸の過度の緊張をほぐす抗コリン薬などが使われている。最近はさらに、ポリカルボフィルカルシウム製剤が加わった。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ