速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第75回】

「地震」「戦争」極限状態で急増する突然死

今、心の診察室では

急性心筋梗塞(上)

 ストレスにはさまざまなものがある。その中で“巨大ストレス”は、どのような状況下で起こりうるのだろうか−。大地震もあるが「戦争」もその1つ。実際、ミサイル攻撃を受けたときに突然死が急増することが分かっている。極限状態のストレスに対する循環器の反応である。

 この報告は英国の有名な医学雑誌「ランセット」に発表された。91年1月17日、湾岸戦争がぼっ発。翌18日にはイラクがイスラエルに対してミサイル攻撃を行った。かねて警告されていたため、イスラエル市民は開戦と同時に、いつくるかもしれぬミサイル攻撃の恐怖に体を震わせていた。そんな矢先のミサイル攻撃だった。

 専門家は、テルアビブの北東24キロの場所にある第3次医療センター(病床数550)に運び込まれた急性心筋梗塞(こうそく)患者の数を調べた。病院のある地域は、幸いミサイルの落下はなかったものの、爆発音は聞こえていた。その状況下で、1月17日から1月25日までの間、その病院に運び込まれてきた急性心筋梗塞患者は、直前の1週間などほかの5つの期間のどれと比較しても約2倍に増加していたのである。いかに戦争によって受けるストレスが大きいか、十分に分かろうというもの。

 ただ、湾岸戦争でミサイル攻撃を受けたのはイスラエルだけではない。多国籍軍の発射したミサイルはバグダッドにも雨あられのように落下した。その攻撃の数、ミサイル落下の数では、バグダッドの方が数段厳しい状況だった。

 バグダッドでどれほどの急性心筋梗塞患者が出たかは、調べられていない。が、専門家たちの推測では「イスラエルよりはるかに多くの人々が急性心筋梗塞を起こして運び込まれていただろう」。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

急性心筋梗塞

 心臓の筋肉、心筋に血液を送る冠状動脈が突然詰まることで起こる。梗塞はどこの動脈でも起き、脳で起きると脳梗塞、肺で起きると肺梗塞と、梗塞の起きた部位の名称で呼ばれている。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ