速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第83回】

「良いストレス」で耐性づくり

今、心の診察室では

運動

 ストレス病を早く治したり、予防するにはストレスに強い体をつくることが何より重要になる。「それじゃあ、休日には休養をしっかりとろう」と、誰もが考える。

 「休日にゴロゴロしているだけでは、逆に疲れが増したと感じる人が多いはずです。それは休養になっていないのです」と指摘するのは初台関谷クリニック(東京都渋谷区)の関谷透院長だ。

 では、どうするといいのか。「私は積極的な休養を勧めています。動かない生活ではなく運動をして欲しいのです。ただし、強すぎる運動は“悪いストレス”になり、適度な運動は“良いストレス”になります。その良いストレスになる運動こそウオーキングです」。

 ウオーキングには気分転換ということのほかに、頭の働きを良くする効果がある。筋肉と脳は神経を介して結ばれており、常に情報のやりとりをしている。筋肉を動かせばそれだけ情報量と情報伝達が多くなり、確実にストレス耐性が上向いてくる。

 運動量としては、高血圧治療に導入されているニコニコペース運動がお勧め。疲労物質の乳酸はある程度の運動時から過激に増加するが、その時点を超えない運動強度こそ、ニコニコペース運動なのである。

 目安となるのは運動中の脈拍数。目標となる脈拍数は次の計算式で導き出される。138−(あなたの年齢÷2)=目標脈拍数。一定速度で5分間歩いてストップする。すぐに15秒間脈拍測定、それが計算とピタッとくればOK。32−(あなたの年齢÷8)=運動直後15秒間の脈拍数。

 たとえばあなたが40歳としたら、運動直後15秒間に脈拍数が27になる程度の強さの運動がピッタリなのである。この適度運動を1日30分程度行っていると、ストレスに強い体ができあがってくるはずである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

運動のメリット

 主に以下の6つが挙げられる。(1)ストレス発散(2)心臓・肺・血管の機能アップ(3)食欲の維持(4)肥満解消・動脈硬化予防(5)人の輪が広がる(6)生活習慣の改善。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ