速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第9回】

価値観変えて脱ネット依存症

今、心の診察室では

 人と会って話したりする現実の社会のほかに、インターネット上での世界が爆発的な広がりを見せている。

 そのインターネットにはまり、熱中しすぎると健康に大きな悪影響を及ぼしてしまう。

 C男さんは27歳、独身。会社でもパソコンを使うことが多く、自宅に戻ってからはインターネットに夢中になった。チャット・ルームで見知らぬ人々との文章での会話、性的なやりとり、ポルノ系のページへののめり込みと、あっという間に時間が経過する。

 初めのうちは仕事に影響がでないように多少の歯止めはできていたが、そのうちに毎日インターネットを、それも朝方まで行うようになってしまった。

 ほとんど睡眠をとらないので、出社しても仕事にならなくなり、ついに会社へ出社できなくなり、家庭でも両親と顔を会わさず、ひたすら自室にこもってインターネットに明け暮れた。結局、両親と共に専門医を受診した。

 「インターネットに夢中になるあまり、家族とのコミュニケーションがなくなり、ひいては会社にいけなくなってしまったという患者さんは、95年ごろからでてきています。インターネット中毒症、正確にはインターネット依存症です」と、インターネット依存症の患者を多く診る初台関谷クリニック(渋谷区初台)の関谷透院長はいう。95年からと断定できるのは「ウインドウズ95が発売されて以降ということです。誰もが簡単に使えるようになったから」という。

 インターネット依存症はアルコール依存症と同じく、何かに依存していないといられなくなっている。それがアルコールではなくインターネットなのだ。

 「無趣味でまじめで凝り性、内向的で人付き合いがへたで仕事一筋といった人に多いですね」。

 治療は重症ケースでは精神安定剤なども使われるが、基本はパソコンから引き離すこと。

 「治療直後2〜3週間はアルコール依存症のように禁断症状がでますが、それを超えると元の状態に戻れます」。

 それと共に、パソコンは単なる道具だという当然のことを実感させて、本人の価値観を変えていくのが大事だという。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

インターネット人口

 財団法人インターネット協会の調べによると、日本のインターネット人口は03年2月末時点で5645万3000人。1年間で1025万7000人も増加。インターネットの世帯浸透率は73・0%。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ