速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第12回】

幸せな気分でいられるかどうかも関係

この病気になる理由

歯周病(下)

 歯周病予防の具体的方法としては、まず歯磨きの励行が挙げられる。口の中の細菌が集まって固まり、歯に付着したプラーク(歯垢=しこう)や歯石を除くためである。

 プラークを放置しておくと、歯と歯肉の透き間に歯周ポケットという溝ができ、腫(は)れや出血が起こる歯肉炎(歯周病の初期段階)を起こす。さらに歯の土台となっている歯槽(そう)骨が溶け出す歯周炎に進行する。重症化すれば歯がぐらつき、抜け落ちることがある。

 最近は治療法が進歩し、人工の膜を入れて歯槽骨を再生させるGTR法(歯周組織再生誘導法)なども行われているが、治療には費用も時間もかかる。初期段階で防ぐのが最良の策であることは間違いない。

 プラークを取り除く歯磨きは(1)歯と歯ぐきの境目に注意する(2)時間をかけ丁寧に磨く(3)1日1回は歯間ブラシやデンタルフロスで歯の透き間を磨く、ことが留意点になっている。

 免疫能と健康の関係を研究テーマにしている志村則夫・東京医科歯科大大学院助教授は「幸せな気分でいられるかどうかも歯周病に関係していると考えてください」とアドバイスする。

 最近の研究から歯の奥部にある歯髄(しずい)にβ−エンドルフィンという物質をつくる細胞があることが発見された。快感ホルモン、ハッピネスホルモンとも呼ばれ、脳内ホルモンとしても有名である。歯周病は海外出張中や受験勉強中など緊張が長く続くと、発症したり重症化することが臨床例として多く報告されている。

 「βエンドルフィンは体をリラックスさせる作用のあるホルモンです。歯の健康にどう働いているのか詳しいことは分かっていませんが、関係があるのは確かです」と志村助教授。

 効果的な方法でも強迫観念となるような予防策は、幸せな気分にはなれない。「タバコを吸ってほっと一息入れる。それを楽しめれば身も心も元気になるかも知れない。ここを大切にして欲しい」(志村助教授)。

 あなたは幸せですか? 歯周病はまさに現代病だ。

【ジャーナリスト 小野隆司】

歯周病と身体影響

 歯周病の原因菌が出す毒性物質が身体への悪影響を及ぼすことが近年、指摘されている。特に心臓への影響が心配され、疫学調査では、歯周病の人は心臓血管疾患の発生率が1・5倍高かった。心臓発作は2・8倍の高率。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ