速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第24回】

エプレイ法が治療に効果大

この病気になる理由

良性発作性頭位めまい症(下)

 良性発作性頭位めまい症(BPPV)の治療で最も効果が高いとされているのが、エプレイ法と呼ばれるもの。米国のエプレイ博士が確立したもので、三半規管内に入った耳石を前庭部分に戻す方法である。

 日大医学部付属練馬光が丘病院の耳鼻咽喉科でBPPVの治療にもあたる生井明浩・同大医学部講師は「エプレイ法はリスクが少なく、すぐに効果が出る治療法です。成功率も8割以上とされています。頭がどの位置になると眼振が表れるかによって、どこの三半規管に耳石が入り込んだかも分かります」と言う。

 ベッドで体を左右に倒したり、起き上がったりして耳石を三半規管の外に出す。15〜30分間で済み、1回だけでも効果が出る。三半規管にはゼリー状の膜があり、そこに耳石が付着しているとなかなか治らない場合もある。

 BPPVにも分かっていない点もある。耳石がはがれるのが原因になるが、その理由が完全に分かっているわけではない。「臨床例では頭部打撲や転倒などで体を強く打った人が多い。すぐにBPPVが起こることもあるが、数年たってからのケースもあります。原因がこれだけかどうか不明です」と生井講師。

 耳石は年齢とともに支える力が弱くなり、はがれ落ちやすいといわれるが、BPPV患者の年齢層は10代から80代以上と幅広い。治療はしやすいが、予防法はよく分からない病気ということだろうか。

 いったん治っても、また耳石が三半規管に入り込む可能性はあるので、再発するかどうか予測はできない。エプレイ博士は30カ月間の経過観察期間での再発率を30%と報告している。もっと少ないとする研究報告もある。

 「基本的にBPPVは怖い病気ではありません。それでもめまいは気になります。病気の早期発見のためにも、どういうめまいなのか知っておくことは大切です」(生井講師)。

【ジャーナリスト 小野隆司】

乗り物酔い

 めまいと同様、内耳の平衡感覚と関係している。車などの速度、揺れ具合、遠心力で内耳は刺激を受ける。この時、目から入ってくる情報と内耳で感じるバランス感覚がずれると脳が混乱を起こし、乗り物酔いとなる。外がよく見える進行方向に座った方が、ずれる感覚が少なくなり予防対策になる。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ