速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第32回】

脂肪食、肥満、きついベルトは危険因子

この病気になる理由

逆流性食道炎(中)

 胃の内容物が逆流し、胃酸などで食道の粘膜に炎症を起こすのが逆流性食道炎。胸やけ、胸の痛み、のどの不快感、せき、たん、耳の痛みなど広い範囲の自覚症状が襲ってくる。生活の質(QOL)を落とす病気である。

 胃からの逆流を防ぐシステムは年齢とともに衰えるため高齢者に多いが、増えている理由には食生活の変化もある。最近は40〜50代まで発症年齢は下がっている。

 「脂肪分の多い食事は胃に長くとどまります。ほとんどの場合、胃液の逆流は食後3時間以内に起こっています。また脂っぽい食事をとると、分泌されるホルモンが逆流を防ぐ下部食道括約部の筋肉を緩める作用があることも分かってきました」と神保勝一・神保消化器内科医院(東京都江戸川区)院長はいう。

 逆流性食道炎の治療では生活指導も行われる。下部食道括約部の圧力を下げないため、たばこ、脂肪食、チョコレート、ハッカなどを控える、食道粘膜に直接刺激を与えるアルコール、スパイスのきいた食べ物、トマトジュース、オレンジジュースを避けるなどが挙げられている。

 肥満もまた危険因子。「腹圧が上がるので胃から逆流しやすくなります。妊娠中の女性に逆流性食道炎がみられるのも、肥満と同じ理由。ベルトをきつく締めるのも危険因子になる」と神保院長。

 アスピリンなど薬の服用もマイナスに作用する。高血圧の治療薬としてカルシウム拮抗(きっこう)剤を使う人が多いが、逆流性食道炎を促進してしまう。

 胃・十二指腸潰瘍(かいよう)の原因菌としてピロリ菌の除菌が行われている。この除菌をした後、逆流性食道炎になるケースがある。除菌により胃酸分泌が活発になった結果ともいわれるが、確実なことは判明していない。

 「逆流性食道炎が、ぜんそくを悪化させる一因にもなると最近、指摘されています。治療することが大事です」(神保院長)。

 治療法は次回で。

【ジャーナリスト 小野隆司】

食道裂孔ヘルニア

 横隔膜は食道裂孔という穴が開いている。このため食道の下部と胃の境目部分が膜の圧力を受けて、逆流を防止する働きをしている。胃の上部が膜の上に飛び出しているのが、食道裂孔ヘルニア。高齢者に多く、逆流性食道炎の原因になる。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ