速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第40回】

小学生5人に1人が発症の恐れ

この病気になる理由

子供の生活習慣病(上)

 生活習慣病は原因の大半が長年の生活習慣にあり、一般に30歳代以上に発症しやすくなる病気の総称である。この生活習慣病が子供にも押し寄せている。

 今年の3月、近江八幡市の教育委員会が小学5年生を対象にした血中コレステロール検査値を発表した。同教育委員会は92年以来、毎年5年生の血中コレステロール値を調査している。今回の結果は正常値だったのが60・1%、要注意が19・2%、大人なら高脂血症と診断される検査値を示した割合が20・7%にも達している。小学5年生で5人に1人が生活習慣病の恐れがあるという、とんでもない結果になっている。

 日本体育協会公認スポーツドクターで健康診断にも詳しい中原英臣・山野美容芸術短大教授は「生活習慣病を招く3大要素は食生活、運動不足、ストレスですが今の子供たちは、この3つとも問題を抱えているということでしょう。また生活習慣病への取り組みは、幼児期から必要になっています」と分析する。

 厚生労働省では10年以上前から小児生活習慣病というカテゴリーを設け対策に乗り出しているが、改善傾向はあまりみられない。

 現在、生活習慣に起因する2型糖尿病になる子供は10万人に2人程度いて、昔は少なかった胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍になる子供が珍しくなくなった。3歳で胃潰瘍になった例も報告されている。

 子供の生活習慣病を考える場合、まず食生活がクローズアップされる。「過食や脂肪分の摂取過多もありますが、それよりもバランスの取れていない食事内容が問題です。学校給食保健会のデータでは、1週間にとった食品の数が40品目以下という子が1割もいます。1日30品目が望ましいのに差がありすぎます」と中原教授はアンバランスを指摘する。

 同保健会が調べた給食の残食率(小学1年生)では緑黄色野菜が40%、淡色野菜が30%と高い。煮魚や豆類も20%の子どもが残す。やはり高脂血症になってもおかしくない。

【ジャーナリスト 小野隆司】

10代の動脈硬化

 生活習慣病を押し進める動脈硬化は10代から始まる。10代で亡くなった人の例(剖検例)では10歳で98%に動脈硬化の初期段階である脂肪沈着が大動脈にあった。米国でも同様な結果が報告されている。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ