速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第52回】

食生活の変化で今や国民病

この病気になる理由

痛風(上)

 前立腺がんの治療法は、がんの進行度によって選ばれる。大別すると、手術療法、放射線療法、ホルモン療法があり、それぞれを組み合わせる治療も行われる。前立腺がんの研究で知られる山中英寿・黒沢病院予防医学研究所(群馬・高崎市)所長は「初期段階なら治療法の選択肢も多く、完治を望めます。そのポイントとなるのは、がんが前立腺内にとどまっているかどうかです」という。

 風に吹かれただけでも痛みが走る痛風。錐(きり)で刺されたよう、ペンチで締め付けられるよう、など痛さの表現が症状の激しさを表している。推定患者数は70万人。その90%以上を中高年の男性が占める。激痛発作が特徴の病気だが、1歩手前の無症候性(痛風未病)の人は600万人にもなるといわれ、現代を象徴する生活習慣病の1つになっている。

 体内で分解された尿酸が結晶化することで起こるのが痛風で、腎臓にたまると結石などができやすくなり、腎不全を招くこともある。また高血圧症、高コレステロール血症などの合併症が見つかるケースが多い。甘く考えてはいけない病気だ。

 日本未病システム学会常任理事の福生吉裕博慈会老人病研究所(東京・足立区)所長は「日本で痛風患者が初めて報告されたのは1897年。急増したのは高度経済成長期の1960年代以降と日本人にとって痛風は今や現代病、国民病なのです」という。

 医学の父、古代ギリシャのヒポクラテスが記述しているほど西洋では古くから知られているが、明治時代に来日したドイツのベルツ博士は“日本人には痛風はほとんどみられない”と書き残している。この100年ほどの間に何があったのか。

 「高カロリー、高たんぱく、高脂肪の食生活に変化したこと、それにストレスが関係していることは確かです。昔は帝王病、ぜいたく病と呼ばれた痛風ですが、今では誰でもかかる可能性があると考えたほうがいいでしょう」と福生所長。

 発症年齢は40歳代後半がピークになっている。最近は20〜30歳代の痛風患者も珍しくない。女性はもともと血中の尿酸値が男性より低い。女性ホルモンの影響と考えられているが、閉経後は尿酸値が上がるので、痛風に無縁とはいえない。

 「尿酸値が上がるメカニズムは複雑ですが、そこを理解することが予防にもつながります。尿酸のコントロールは可能です」と福生所長は尿酸への知識の大切さを強調する。そのことは次回で。

【ジャーナリスト 小野隆司】

有名人病

 痛風は歴史上の人物の持病として知られる。アレキサンダー大王、フビライ、ニュートン、ダビンチ、ゲーテ、B・フランクリン、ダーウィン、モーパッサン、スタンダール、チャーチルらも痛風持ちだった。遺伝性(日本では約8%)よりも自己主張が強い、活動的、攻撃的など性格との関係も深い。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ