速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第61回】

ストレス生む先進国に多い

この病気になる理由

子宮内膜症(上)

 産婦人科医の誰もが増えていると指摘しているのが、子宮内膜症だ。子宮の内側を覆う膜に似た組織が子宮以外の場所でも増減を繰り返し、炎症や癒着を起こす。不妊の原因としても注目されている。全国的な調査は少ないが、厚生労働省のデータ(1997年)から100万人以上の患者がいると推測されている。子宮内膜組織は卵胞ホルモン(女性ホルモンの1つ)の刺激で増殖するため、分泌が活発な20代後半から30代がかかりやすい。

 生殖内分泌学が専門で、日本産婦人科学会評議員も務めた小山嵩夫クリニック(東京・銀座)院長は「子宮内膜症は先進国に多いことで知られています。社会生活の複雑化はストレスを生み、ホルモンバランスが乱れがちになります。そうした背景も無視できないでしょう」と説明する。

 子宮内膜症は女性特有の月経のリズムと関係している。子宮内部は排卵後に受精卵が着床しやすいように卵巣ホルモンの刺激で内膜が増殖するメカニズムになっている。受精卵がこない場合は、はがれて血液とともに体外に排出される。これが月経。「なんらかの理由で子宮外に散った内膜組織も同じメカニズムを繰り返します。こちらは体外に排出する力が働かないので血液がたまり、炎症や癒着につながってしまうのです」と小山院長。

 初期段階ではそれほど症状はないが、進行するとひどい月経痛となって表れる。さらに症状が進むと小腸、直腸、膀胱(ぼうこう)など周りの臓器に癒着し、月経に関係なく痛みが激しくなる場合もある。「子宮内膜症が起こる場所としては卵巣周辺から腹腔内が多く、癒着に進むと不妊の原因になります。不妊症の人の約3割に子宮内膜症がみられるという調査もあります。早期発見、早期治療は大切です」(小山院長)。

 子宮内膜症の典型的な症状は強い月経痛。問診、超音波(エコー)検査、血液検査(マーカー検査)などで9割以上は診断がつく。

【ジャーナリスト 小野隆司】

女性ホルモン

 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)は、生殖作用のほかにも女性の体にさまざまな影響を与えている。体温調節、体脂肪組織への働き(乳房をつくる)、骨や皮膚の新陳代謝も助ける。それだけにバランスの乱れは、多様な症状となって表れる。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ