速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第66回】

踏み台昇降が転倒防ぐ

この病気になる理由

骨粗鬆症(下)

 骨密度の測定で骨粗鬆(しょう)症と診断された場合、骨折の危険が高い人には、治療薬が使われるようになってきた。骨を強化するカルシウム製剤、活性型ビタミンD剤のほか、最近は破骨細胞を不活性化することで骨量増加効果もあるビスフォスフォネート製剤と呼ばれる薬も用いられる。

 健康ドクターとして骨粗鬆症に関心を持つ中原英臣・山野美容芸術短大教授は「薬物治療も最大の目的は骨折を予防することです。骨折は生活の質を落とすだけでなく高齢者の場合、寝たきりにつながる恐れがあるからです」と説明する。

 骨粗鬆症が進行すると手首や脚の付け根の骨折が起きてくる。大たい部の骨折は寝たきり原因の第3位に上げられている。脊椎(せきつい)に圧迫骨折があると運動神経が障害され、足がマヒする例もある。

 骨折する直接の原因としては転倒が多い。足腰の筋肉が弱くなるとどうしても歩幅が狭くなる。すり足やちょこちょこ歩きが多くなり、ちょっとした段差やデコボコにもつまずきやすくなる。「歩幅が狭くなるのを防ぐには大腰筋を鍛えると効果があります。上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉で、大たい部を引き上げる働きをしています。この大腰筋の衰えが歩幅を狭くします」と中原教授。簡単な鍛え方として踏み台昇降を中原教授は勧める。

 骨粗鬆症は圧倒的に女性に多い。閉経後の女性ホルモンの減少は大きな危険因子。50歳を過ぎたら骨粗鬆症を意識した生活が必要といえる。50代の女性の場合、親が70代、子どもは20代ということも多い。「3世代で骨粗鬆症に取り組むチャンスです。若いころに骨量を上げておけば予防につながりますし、無理なダイエットの弊害も防げます。骨粗鬆症は日常生活を改善することが1番の対策です。このことをあらためて認識しましょう」(中原教授)。

【ジャーナリスト 小野隆司】

踏み台昇降運動の効果

 住民の25%が65歳以上の茨城県大洋村では、久野譜也・筑波大助教授の指導のもと96年以来、高齢者が踏み台昇降を中心とするトレーニングに取り組んでいる。その結果、骨折原因による寝たきりが減少している。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ