速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第68回】

太ももの筋肉訓練で痛み緩和

この病気になる理由

変形性膝関節症(中)

 変形性膝関節症の治療は進行具合に応じて行われる。具体的症状は膝(ひざ)の痛みなので、初期段階なら日常生活に支障のないように症状を改善する方法が取られる。

 変形性膝関節症の治療、研究で知られる守屋秀繁・千葉大大学院医学研究院教授は「膝が痛いとどうしても運動不足になって筋力が弱り、ますます関節の動きが悪くなります。それを防ぐ意味でも筋力を鍛えることは痛みなどを緩和する効果があります」という。無理は禁物だが太ももの筋肉訓練は効果的。足首に1キロ程度のおもりを付け、朝晩10回程度座りながら上げ下げする運動が推奨されている。

 薬物療法は痛みの改善が目的になる。関節内の炎症を抑えるため消炎鎮痛剤や時にはステロイド薬を使う場合もある。薬としてはヒアルロン酸ナトリウムの注入が最近、注目されている。ヒアルロン酸は粘り気のある物質で、皮膚など体の至るところにあり体内合成されている。膝関節では関節液内に存在し、関節がスムーズに動く潤滑油の役割を果たしている。加齢とともに減り、粘り気もなくなることが分かっている。

 「痛みの直接的原因はすり減った軟骨のかけらが滑膜と呼ばれる部分に吸収され炎症を起こすからです。ヒアルロン酸は炎症を抑える働きがあります。関節軟骨もある程度修復されるので、治療法として普及してきています」と守屋教授。ただ初期から中期にかけての病状には効果的だが、関節軟骨や半月板の損傷が激しい場合は効果が薄い。

 変形性膝関節症は徐々にだが確実に進む病気。痛みを抑え、進行を遅らせることが治療の眼目になる。それでも重症化した場合、人工膝関節に入れ替える手術が検討される。多方面にわたる医療技術の進展から、人工膝関節手術は増えている。毎年10%前後増加し、2000年度の手術件数は約3万3000件に達している。現状と効果のほどは次回に。

【ジャーナリスト 小野隆司】

グルコサミン入り健康食品

 グルコサミンは軟骨細胞の構成成分。膝の痛み改善に効果があるとうたう健康食品も売られている。ただし摂取したグルコサミンは消化酵素などで分解されるので、そのままの形で体内に吸収されることはない。グルコサミンの摂取が軟骨再生につながる科学的証明は難しいのが現状。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ