速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第71回】

リハビリには周囲の励ましも大事

この病気になる理由

高次脳機能障害(中)

 高次脳機能障害では、どこまで回復するか、いわゆる後遺症の問題が1番の関心事になる。

 脳のリハビリについての著書もある武田克彦・日赤医療センター神経内科部長は「損傷の程度によりますが、自然と治っていくケースもあります。ある程度固定した症状に対してはリハビリを行います。改善の効果は劇的ではないにせよ認められます」という。

 高次脳機能障害原因の1位となっている脳卒中では、手足のマヒや言葉がうまく操れなくなる失語症がよく知られる。運動を伝える神経は脳幹の延髄(ずい)で交叉(さ)するため、左脳に障害が起きると体の右側にマヒが起こる。言語機能は左脳にあるが、利き腕との関係も深い。右利きの人が言語機能をつかさどる左脳部分に損傷を起こした場合、ほぼ100%の確率で失語症が起こる。ところが左利きの人は60%程度の確率になっている。

 「左利きの人はおよそ40%が右脳の損傷によって失語症が生じます。女性ではこの言語中枢の偏りが男性のようにはっきりしていない場合があって、失語の回復は女性の方がいいといわれています」と武田部長。

 脳の神経細胞は一度壊れると再生しないが、刺激を与えるリハビリをすることで、別の道での回復がなされると考えられている。サルの実験では破壊された脳の神経細胞が担っていた機能を、周囲にある神経細胞が徐々に代行するようになることが確認されている。

 失語症の症状はいろいろある。流ちょうにしゃべれるが言い間違いが多く内容が伝わらないタイプもある。話すことより書くことのほうが障害の程度が重いケースも多い。「障害を受けた部分の違いが理由。症状に合わせたリハビリが必要です。病初期中程度の失語症なら完全に回復することもまれではありません」(武田部長)。

 リハビリには周囲の励ましも大事。肯定的にとらえることで症状の改善が促される。否定的な評価は症状の悪化原因になると、武田部長は注意を呼びかける。

【ジャーナリスト 小野隆司】

半側空間無視

 感覚的な機能をつかさどる右脳の障害から起きることが圧倒的に多い。右脳障害の場合は自分から左側の空間にあるものが分からなくなる。食事では皿の左側半分にあるものを食べ残したり、横書きの本なら左側のページ全体を省略して読むなどの症状が出る。右脳損傷患者の約3分の1に認められるなど頻度が高い。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ