速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第27回】

半夏厚朴湯で食べる楽しみが戻る

現代医学が明かす漢方の威力

誤嚥性肺炎(3)

 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)をのんでいると、のみ込みの機能が正常域まで改善され、誤って肺の方に飲食物が入る危険が低下することが分かった。では、誤って肺の方に入ってしまった異物を吐き出す機能、つまり咳(せき)反射は改善できるのだろうか。

 東北大先進漢方治療医学寄付講座(漢方内科)の岩崎鋼助教授は、脳の委縮や小さな梗塞(こうそく)が多発し、誤嚥(ごえん)性肺炎になったことがある患者に半夏厚朴湯を4週間のんでもらい、のまなかった人と比べてみた。クエン酸を溶かした水を蒸気にして吸ってもらい、どのくらいの濃度になったらせき込むかをみたのである。

 ここでも、明らかに差が出た。半夏厚朴湯をのんでいた人は、4週間後かなり薄い濃度のクエン酸でもせき込むようになっていたが、のまなかった人たちは全く変化がなかった。つまり、半夏厚朴湯が、咳反射を改善したのである。

 しかも、この試験の間に患者さんを喜ばせる出来事が起きた。実は、この患者さんたちはのみ込みの障害が大きく、口から食べ物をとることができなかった。そのため、半夏厚朴湯も栄養を摂取するために胃に開けた小さな穴から、入れていたのである。

 ところが、こうした患者さん7人のうち3人が、半夏厚朴湯をのんだ結果、口から食べ物を食べられるようになったのである。食べられること、食べる楽しみを取り戻すことは、患者にとっても家族にとっても大きな励みになる。

 「こうした結果からみても、半夏厚朴湯には誤嚥性肺炎を防ぐ効果があると思います。特に高齢の方で、明らかな脳卒中の発作がなくても、大脳基底核という部分に小さな梗塞(ラクナ梗塞)がたくさんあって嚥下障害が起きているような人によく効くのです」と岩崎助教授は語る。

 今は、脳卒中後の嚥下障害に対して、リハビリ治療も行われている。こういう場合にも、半夏厚朴湯を併用して治療効果を高めてほしいと岩崎助教授は考えている。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

咳反射

 16人を2つのグループに分けて、一方には半夏厚朴湯を投与した。最初は、クエン酸を1ミリリットルあたり60ミリグラム近い濃度にしないと咳反射が起こらなかったが、服用して4週間後には15・7ミリグラムの濃度で咳反射が起こるようになった。ちなみに正常の人は6・3ミリグラムで咳が出るそうだ。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ