速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第57回】

六君子湯でスッキリ

現代医学が明かす漢方の威力

胃の不快症状(5)

 どこといって異常はないのだけれど、すぐに満腹になって食べ物が入らない、あるいは食べると胃が張って苦しい。こんな症状に、六君子湯(りっくんしとう)が効くことが分かってきた。大阪市立大医学部消化器内科の荒川哲男教授は、現在その成果を患者さんに生かして治療に六君子湯を使っている。「長年苦しんできた症状がやっと楽になったなど、反応はかなりいい」そうだ。

 さらに、六君子湯は他の胃の障害にも効く可能性が高いという。「以前、機能性ディスペプシア(胃の働きが悪くて不快症状を訴える病気)の患者を対象に、六君子湯がどういう症状に効果があるのかを調べた報告があります。それによると、胃痛は治まらないけれど、胃の膨満感や胸やけ、ゲップ、吐き気などを抑えるという結果でした。これは、六君子湯の作用を考えればよく理解できます」と荒川教授は語っている。

 胃痛は、胃で分泌される胃酸によって起こる症状だ。六君子湯には、胃酸の分泌を抑える作用はないので、胃痛には効果がないのである。では、胸やけはどうか。これは、胃酸が胃から食道に逆流することによって起こる症状だ。いわゆる胃食道逆流症である。これが改善されたのは、「六君子湯によって、胃の内圧が低下するためです」と荒川教授。

 胃酸の逆流は、肥満者や妊娠した女性に多いことが知られている。これは、脂肪や大きく膨らんだ子宮によって、胃が圧迫されることが原因。そのために、胃が押されて胃酸が食道の方に逆流してしまうのだ。ところが、六君子湯は逆に胃を広げて胃内部の圧力を低くする作用がある。そのために、胃酸の逆流が起こりにくくなるのである。

 「胃食道逆流症の場合、まず西洋薬で胃酸の分泌を抑えることが第1です。それで症状はピタリと良くなります。しかし、逆流症は長く付き合うことも多い病気。そういう意味で、作用の穏やかな六君子湯も利用できるのではないかと思います」と荒川教授は語っている。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

六君子湯の作用

 荒川教授は動物実験で六君子湯が、ストレスによる胃の粘膜傷害を防ぐこと、またアルコールによる傷害を防ぐことを見つけている。ただし、この場合はかなり投与量が多いので、人間で同様の効果があるかどうかは分かっていない。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ