速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第60回】

心配性の人に症状出やすい

現代医学が明かす漢方の威力

緊張型頭痛(3)

 「緊張型頭痛は、きちょうめんでまじめ、心配性の人に多い傾向があります。こういう人には、頭痛の原因をきちんと説明して釣藤散(ちょうとうさん)をのんでもらうと、効果があります」と語るのは、秋田県立脳血管研究センター神経内科の長田乾部長だ。

 緊張型頭痛は、肩凝りと同じで首や頭の筋肉の凝りが原因で起こる。精神的なストレスもかなり影響しているため、イライラや不安、集中力の低下などを訴える人も多いという。

 Aさん(56歳女性)は、頭が締めつけられるように痛む、後頭部が重く痛むと訴えて同科を受診した。話を聞くと、以前血圧が少し高いと言われ、家庭血圧計を購入。たまたま頭痛がした時に測定すると、ふだんより血圧が高めだった。以来、頭痛のたびに血圧を測っていたところ、血圧が少し高いことが多かった。そのため、頭痛は血圧の上昇が原因と思い込むようになる。そのころから頭痛を感じる回数も多くなり、不安になって精密検査を求めてきたのだ。

 「この方の場合、精密検査で異常はありませんでした。母親がクモ膜下出血で亡くなっていることもあって、脳卒中や高血圧に過度に神経質になっており、それがストレスになって症状を悪化させている可能性が考えられました」と長田部長。

 そこで、脳に異常はないこと、頭痛と軽度の高血圧の間には因果関係はないことを丁寧に説明した上で、釣藤散を処方。のみ始めてから4日目には頭痛は軽くなり、2週間後にはほとんど気にならなくなった。同時に訴えていたイライラやのぼせ、寝付きの悪さも改善したそうだ。

 「あまり不安感が強ければ、抗不安薬などを併用することもありますが、たいていは釣藤散だけで治ります」と長田部長。40〜50代の女性の場合、頭痛に肩凝りがあって、イライラやめまいもするなどいろいろな症状があると更年期障害としてホルモン補充療法などが勧められることもある。しかし、「婦人科の症状がなければ、まず釣藤散で頭痛の治療を行った方がいいのでは」と長田部長は語っている。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

緊張型頭痛の対策

 なで肩の人は肩の神経が引っ張られて緊張型頭痛が起こりやすいので、姿勢に注意すると楽になる。なお、2週間以内の頭痛を繰り返す間歇(かんけつ)型の緊張型頭痛には、頭痛が起きた時に呉茱萸湯(ごしゅゆとう)をのむと効果があるそうだ。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ