速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第62回】

体質合えば1つで複数効果

現代医学が明かす漢方の威力

糖尿病のしびれ(2)

 糖尿病による合併症の中でも、神経障害は一番頻度も高く、早期から表れる症状だ。愛知学院大健康科学科の佐藤祐造教授は、中でもしびれに牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)が効くことを明らかにしている。

 「1984年に糖尿病性神経障害でしびれを訴える患者80人に牛車腎気丸を投与した結果、66・2%に有効でした。10年後に全国で544人の患者を対象に調べた結果でも、67・3%。だいたい同じ結果が出ていますから、確かにしびれに効くのだと思います」と佐藤教授。

 では、なぜ牛車腎気丸が糖尿病によるしびれに効果があるのだろうか。神経障害は、高血糖による代謝障害で神経細胞が障害されることと、糖尿病によって血管が障害され、神経細胞が血液不足に陥ることが大きな原因といわれている。血糖値が高いと、アルドース還元酵素という酵素の働きが活発になり、血中のブドウ糖からソルビトールという物質がどんどん作られる。これが神経細胞にたまって悪さをする。現在、神経障害の治療に使われている西洋薬(キネダック)も、アルドース還元酵素の働きを阻害してソルビトールをできにくくする。

 そこで、牛車腎気丸を構成する生薬をみると「直接間接に神経の代謝を改善し、血行を良くすると予測できます」と佐藤教授。実際に、1989年には山梨医大が、ラットを使った動物実験で、牛車腎気丸がアルドース還元酵素の働きを抑えることを報告している。

 さらに、牛車腎気丸が血管を広げ、皮膚温を高めることも報告された。つまり、血行が良くなって皮膚温が高くなったのである。加えて、牛車腎気丸には附子(ぶし)が含まれる。附子は、アコニチンを含み、痛みを抑える作用がある。

 「こうした作用が総合的にしびれに効くのだと思います。西洋薬ならばいくつもの薬が必要なのに、証(漢方の体質)さえ合えば1つでいくつもの作用を持つのも牛車腎気丸の利点」と佐藤教授は語っている。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

牛車腎気丸

 漢方でいう腎虚の人に向く方剤。疲れやすくて四肢が冷えやすい、尿量が少ない、あるいは多尿でのどが渇く人に向く。地黄が含まれるので、胃の弱い人は胃痛を起こすことがある。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ