速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
健康連載一覧へ >>   
現代医学が明かす漢方の威力

 【最終回】 「免疫細胞に働き」炎症治まる
 【第87回】 最も効果が表れる十全大補湯
 【第86回】 過剰な体の反応を小さくする

 【第85回】 精神安定剤を使わずに治す
 【第84回】 症状あるのに異常見つからず
 【第83回】 組み合わせで効果異なる
 【第82回】 骨髄毒性を抑えるのは多糖類
 【第81回】 リンゴ酸ナトリウムが腎毒性を抑える

 【第80回】 がん殺す効果には影響せず
 【第79回】 十全大補湯作用で腎臓障害防ぐ
 【第78回】 副作用抑制に十全大補湯
 【第77回】 慢性期は補中益気湯や竹茹温胆湯
 【第76回】 時期による薬の選択が重要

 【第75回】 汗の量で使い分け
 【第74回】 解熱剤は逆効果
 【第73回】 むやみに使うな葛根湯
 【第72回】 単独投与と変わらぬ薬効維持
 【番外編】 五感駆使、原始的だが奇跡的効果も
 【第71回】 効果てきめん半夏瀉心湯

 【第70回】 腸内で競合、分解を阻止
 【第69回】 腸内細菌を上手く使う
 【第68回】 細胞傷害性にも有効
 【第67回】 総合的に気道をきれいに
 【第66回】 必要なセキ残す人参と大棗

 【第65回】 乾性だけを止める麦門冬湯
 【第64回】 麦門冬湯が気管支炎に効く
 【第63回】 牛車腎気丸と運動療法を併用
 【第62回】 体質合えば1つで複数効果
 【第61回】 牛車腎気丸で6割改善

 【第60回】 心配性の人に症状出やすい
 【第59回】 痛みの陰にストレス、性格
 【第58回】 釣藤散1つで万事解決
 【第57回】 六君子湯でスッキリ
 【第56回】 Lアルギニンで排出能力アップ

 【第55回】 食後のもたれにも効果
 【第54回】 ワッと広げ膨満感和らげる
 【第53回】 六君子湯が貯蓄能力高める
 【第52回】 十全大補湯で再燃防止
 【第51回】 オリーブオイル併用が効く

 【第50回】 防風通聖散で7割が下剤不要に
 【第49回】 下剤の乱用で大腸が真っ黒に
 【第48回】 西洋薬との組み合わせが効く
 【第47回】 1〜2種類の薬でカバー
 【第46回】 あらゆるタイプに効く温経湯

 【第45回】 ホルモンの減少、過剰両方に効果
 【第44回】 ホルモン分泌助ける温経湯
 【第43回】 温経湯で排卵機能回復
 【第42回】 防風通聖散で内臓脂肪も減
 【第41回】 新陳代謝鈍らず元気にやせる「防風通聖散」

 【第40回】 酵素の働きを抑え脂肪燃焼援助
 【第39回】 褐色脂肪細胞の働き2倍に
 【番外編】 西洋的には「雑多」も不思議な効果
 【第38回】 分解酵素を妨害、脂肪の燃焼続く
 【第37回】 防風通聖散が便秘を解消する
 【第36回】 消化器守って薬の効果アップ

 【第35回】 ホルモン分泌促し詰まり解消
 【第34回】 便柔らかくお通じつける大建中湯
 【第33回】 大建中湯は腹痛と膨張感に適応
 【第32回】 「心」「肝」「腎」という概念に従い使い分け
 【第31回】 トイレ教えられ着替えも自分で

 【第30回】 八味地黄丸で脳の血流量増加
 【第29回】 加味温胆湯で認知機能改善
 【第28回】 わずか4週間の服用で危険が低下
 【第27回】 半夏厚朴湯で食べる楽しみが戻る
 【第26回】 半夏厚朴湯で嚥下反射が8秒短縮

 【第25回】 古典から再発見、半夏厚朴湯
 【第24回】 清肺湯で水分の分泌を促進
 【第23回】 西洋薬との併用はメリット大
 【第22回】 タンの切れ良くする柴朴湯
 【第21回】 柴朴湯で気管支の炎症を抑える

 【第20回】 専門的診断で効果UP
 【第19回】 西洋医学が苦手な「未病を治す」
 【第18回】 利尿作用を強化した牛車腎気丸
 【第17回】 排尿以外の症状も改善
 【第16回】 7割の人が症状軽快

 【第15回】 便秘にも下痢にも桂枝加芍薬湯
 【第14回】 「安心感」が免疫力低下防ぐ
 【第13回】 インターフェロンを使えない方へ
 【第12回】 肝臓繊維化を抑える小柴胡湯
 【第11回】 加味逍遙散が神経伝達物質に働く

 【第10回】 精神的な症状にも効果
 【第9回】 記憶の低下抑える効果
 【第8回】 脳の神経細胞を減らさない
 【第7回】 ホルモンの分泌を促す当帰芍薬散
 【第6回】 質は落とさず患者主体の医療

 【第5回】 ひとつで多くの症状を改善
 【第4回】 抗生物質の使用量を抑える
 【第3回】 病院導入で年5千万円
 【第2回】 ステロイド効果ある小柴胡湯
 【第1回】 理解、検証進み医師の7割導入

前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ