速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第55回】

「自分だけは」は大丈夫じゃない

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

薬物依存症(2)

 「薬物依存症になった人のほとんどは、最初『自分だけは大丈夫』と確信していたにもかかわらずハマってしまったのです」と自らの体験を交えて話すのは、東京ダルクのディレクター幸田実氏だ。ダルクは薬物依存症の人たちに回復の手助けをしたり、広報活動を行う自助グループで、都内の小・中・高校などで、薬物依存症についての講演を年間70回以上行っている。 現在、日本の子どもたちには「薬物は1度でも使用したら人間ではなくなるほど恐ろしいものだ」という教育がなされている。恐怖心に訴える教育は、多くの子どもたちにとって強い抑止力となっている。ところが、その一方で「もし若者が薬物を手にすることになった場合、それを手渡す人間は、中毒者に見えないし錯乱状態でもない。むしろ優しい人、理解者、味方、仲間、友達として現れる。そういった関係の中で薬物と出合った若者にとって、それまで大人たちが警告してきた恐ろしさはウソに見えてしまい、説得力を失ってしまう」と幸田氏は教育と現状の矛盾を指摘する。

  ダルクでは薬物依存症の実態を以下のように説明している。

 (1)なりたくてなった人はいない 「その気になればいつでもやめられる」と、だれもが言うが、自分で知らないうちに依存症になってしまう。ここに薬物の恐ろしさがある。

 (2)コントロールができなくなる 薬物に支配されてしまい、自分の意志に反して使ってしまう。

 (3)自分だけの力では治らない 適切な治療、回復への援助が必要となる。自分や家族だけの力ではどうしようもない。

 (4)薬物の奴隷になってしまう 使えば使うほど、以前の量では効果が得られなくなる。徐々に量を増やすことで問題がさらに深刻化していく。

 (5)自分では病気ではないと信じる 自分が「ヤク中」であるはずがない、そんなバカなことがあるはずがないと、心の病気であることを否認する。

 (6)心身共に死に至る病である 症状が進行すると体はボロボロになり、友達や家族の信用を失い、社会的に孤立してしまう。場合によっては自殺に追い込まれることもある。

 (7)周囲の人を巻き込む 自分ではどうしようもなくなって、家族や友達など身近な人たちを巻き込んで何とかしようとするが、どうにもならない。

【ジャーナリスト 月崎時央】

◆ダルクが発行する出版物

 「JUST FOR TODAY〜今日一日 薬物依存症からの回復〜」(東京ダルク支援センター編、500円)。東京ダルクのホームページは、http://www15.ocn.ne.jp/~tdarc/ho.htm
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ