速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第58回】

問題を否認せず、冷静に

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

薬物依存症(5)

 自分の子どもが薬物を使用している現場を見つけてしまったり、部屋の中、ポケットの中から薬物や注射器などが出てきたら、親はどうしたらいいのだろう。「親として何か言わなければならない気持ちになるのは当然ですが、いきなり怒ったり説教したりしない方がいい」とアドバイスするのは、薬物依存症の回復者の支援組織である東京ダルクの幸田実氏だ。できるだけ冷静に「こういうのを見つけたんだけど、あなたはどう考えているの」と声をかけることを勧める。「クスリを使い始めたころは、周囲が大変なことになったと考えているほどに、本人は自覚していません。冷静になるのは難しいでしょうが、冷静になろうと努力してください」。

 依存症になる子どもは、何かに依存しなければならない理由を抱えているという。「使っている本人には使うだけの理由があります」と依存症が心の病気であることを説明する。「逆説的に聞こえるかもしれませんが、やめさせようとしないことが対応する上での適切な態度です」。やめさせようとするよりも、親の自助グループなどに参加し、依存症について正しい知識を勉強することを勧める。「社会的に成功している親ほど、問題を否認する傾向にあり、また世間体を考えて子どもの問題を尻ぬぐいしようとします」。

 「依存症にはまる人たちには、人のためになって、自分のためにならん生き方をする、いわゆるいい人が多いのですよ」と苦笑するのは、この夜間集会の司会者でもある院長の西脇健三郎医師だ。思春期で依存症になる人は、人に気兼ねをしたり、親にもノーと言えずにいたり、本当の自分を出せないような人が多い。融通が利かないことも多く、対人関係でストレスを抱え込んでしまう。ストレスによって心身症になる子どももいれば、うつ病になる子も、依存症になる子もいるが、その根は同じだという。

 回復に向かうためには、「ターニングポイント」つまり、本人が本当に困り果てるという体験をすることが必要だという。ダルクの人々はこれを「底付き体験」とも呼ぶ。例えば、薬物乱用によって警察に捕まったり、大きな借金を抱え込んだりしたときに、家族が問題を肩代わりしてあげると、本人は現実を受け止めることができずに、回復に向かうターニングポイントを逃してしまう。

 もし依存の問題で困ったら、世間体を気にして家族で抱え込まずに、まず精神保健福祉センターや保健所などの窓口に相談した方がいい。「子どもの薬物依存症からの回復はクスリが止まったことがゴールではありません。薬物に依存しなくても生きられるようにするためのスタート地点に、親子が立ったのだと理解してください。」とダルクのメンバーは口をそろえる。

【ジャーナリスト 月崎時央】

◆依存症の対象

 ▼もの/ニコチン、カフェイン、ドラッグ、薬、食べ物、アルコール▼行為/過食、拒食、ダイエット、ショッピング、仕事、スポーツ、ギャンブル、ゲーム、パソコン▼人間関係/虐待(暴力)、恋愛、家族、セックスなど。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ