速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第62回】

潜在期こそサポート必要

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

注意欠陥多動性障害(1)

 16歳のK君は、小学校時代から落ち着きのない子どもで、忘れ物や遅刻が多かった。算数が得意で、他の教科も人並み以上にはできるのだが、カッとなりやすく友だちとケンカをすることも多かった。お母さんは5、6年の時の担任から「勉強はできるのでいわゆる注意欠陥多動性障害(ADHD)とは、少し違うと思いますが、注意散漫で協調性もないのは気にかかります」と指摘されていた。

 公立中学に進学し、相変わらず宿題を忘れたり、クラスの仕事をさぼったりはしていたが、子どものころのように、ちょこちょこ動き回ることはなくなった。だが、中学2年の後半から成績が急に下がり始め、得意だったはずの数学にも興味を示さなくなった。口数も減り、次第に何をする意欲もなくなってしまったようだ。「思春期になると、ADHDは治るという人もいますが、対処法を学ぶことはできても、それ自体は治りません。多動という目に見える行動が消えても、何かに集中できないという問題が、内に秘められた分、本人はより苦しみ、傷ついています」と自らの体験に照らして話すのは「当事者が語る大人のADHD」の編者のロクスケ氏だ。

 ロクスケ氏は、ADHDの特徴をある種の脳の障害として当事者の立場から説明する。<1>瞬間的に意識が飛ぶ。継続してものを考えることができない<2>外界の刺激を遮断できない。周囲の視覚、きゅう覚、触覚などで常に気が散る<3>瞬間的な記憶ができない。相手の言葉を理解して記憶することが困難。「脳の情報処理にこのような特徴があるために、集中が困難で勉強するのも難しい。思春期はプライドも高くなっていて、失敗も怖いので、分かるふりをしたり、消極的になる。親にも相談できず、でも本人は非常に苦しんでいて、うつ状態になる子どもも少なくないのです」。

 幼児期に落ち着きのなさのためにケガや忘れ物が多かったり、人間関係が難しくなっていて、本人が努力してもそれが治らないというような場合は「わが子が何らかの生きづらさを抱えて困っていると考え、ぜひ、具体的な援助の方法を工夫してあげてください」とロクスケ氏は経験者の立場から親にアドバイスをしている。

【ジャーナリスト 月崎時央】

◆泌尿器科

 尿に関連することと性に関連することを診察する科。前立腺や腎臓の病気のほか性感染症や不妊の問題も扱う。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ