速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第63回】

生活技術、進路を一緒に考える

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

注意欠陥多動性障害

 「落ち着きがなく集団になじめない」「特定の学力が極端に低い」といった子どもの教育の問題が、学校現場で表面化している。このような子どもたちに注意欠陥多動性障害(ADHD)学習障害(LD)アスペルガー症候群(AS)と呼ばれる軽度の発達障害がある場合が多いことは、ここ数年知られてきた。このような子どもたちに対し、文部科学省は今年度から「特別支援教育」を全国の1割の小中学校でスタートさせた。支援の対象となる子どもたちは、現在の障害児の5倍になる見通しだ。

 「ADHDの人は、集中できない、時間を守れない、人の話を聞けない、物事を計画通りに進められないといった傾向があるので、性格的にだらしがないと考えられがちですが、そうではなく、脳の情報処理に障害があると考えた方が合理的です」と説明するのは、ADHDの当事者で、当事者グループ「WingBrein(翼ある脳)委員会」のロクスケ氏だ。「障害だからこそ、それを克服する具体的なリハビリのシステムが必要なのです」と話す。

 日本では、ADHDについて診断をする児童精神科医は不足している。専門的なトレーニングをするコーチやカウンセラーも非常に少ないのが現状だ。ロクスケ氏は「診断名をつけることより、むしろ具体的な生活技術を教えることの方が現実的」と指摘する。薬物療法には、多動などの症状を抑える一時的な効果はあるが、ADHDそのものを治療する方法ではないからだ。

 ADHDの傾向を持つ子どもにとって、自分の衝動性を抑え、社会と適応することを求められる思春期は大変な時期だ。自分の不注意で他人に迷惑をかけ、自信のなさから失敗を繰り返し、自己評価が下がってうつ状態になるなど、2次障害が起きることが多い。障害による生きづらさを抱えているという原因は見逃され、うつ病と診断されたり、不登校となるケースもある。「思春期は親との話し合いが難しい時代ですが、まず親や教師が、子どもを受け入れてその存在を肯定してください。障害という特性を理解した上で、生活技術や進路や職業選択などを一緒に考えてあげてほしい」とロクスケ氏は強調する。

【ジャーナリスト 月崎時央】

◆WingBrein委員会

 当事者のサポートと情報提供を目的とするグループ。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ