速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第69回】

生理で困ったらまず受診を

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

婦人科思春期外来(1)

 「自転車をこぐのも、つらかったんです」。中学3年生のA子さんは、長引く生理に悩んでいた。母親に相談しても「困ったわね」と困惑顔をするばかり。体も始終だるく、朝もなかなか起きられない。

 授業を受けていても疲れ、保健室で体を休めることも多くなった。そんなA子さんを見かねた養護の先生が、あちこち調べて紹介してくれたのが、愛育病院(東京・港区)産婦人科の思春期外来だった。「初めて受診した日のA子さんは、やせて見るからに顔色も悪くて」と思い起こすのは、外来担当の加藤季子医師だ。

 検査してみると、案の定、血液は通常の半分ほどの濃度しかなかった。「つらかったわね」と話しかけた加藤医師にA子さんはうつむいたまま、うなずいたという。加藤医師は、機能性出血によってもともとの貧血をさらに悪化させていたA子さんに、一時的に生理を止めるためのピルを処方し、貧血の治療を行った。

 生理が終わらなければ、病院を受診することができない−そう考えていたと、A子さんは受診をためらっていた理由を語る。「思春期の婦人科の問題は、少女たちの話をよく聞くことと、血液検査などの簡単な処置で解決することが多いのです。生理に関する問題は、緊急性がない場合が多いこともあって、1人で悩んだり、解決を遅らせてしまうことも珍しくありません」。

 生理の量が多い、長引く、不規則、などは、少女期には本人の精神的負担となることもある。「外出やスポーツに引っ込み思案になったり、修学旅行や林間学校などが不安だったり。そういう治療のためにピルの処方は有効です。でも『うちの子にピルをのませるなんて、とんでもない!』とビックリする母親もいます」。

 加藤医師が中高生に処方するのは、通常の大人が服用する中容量ではなく、低容量タイプのピルだ。育ち盛りであることに加え、どんどん変化していく少女たちの体に合わせ、負担のない治療を心掛けている。生理のことで困ったら、まず思春期外来を受診してほしいと加藤医師は話している。

【ジャーナリスト 月崎時央】

◆機能性出血

 思春期のホルモンの乱れによって、不意に出血したり、生理が長引いたりする。日常生活に支障がある場合には、ホルモン剤の投与や止血剤の使用、漢方薬が有効なこともある。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ