速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今
 

【第9回】

大きくなくても大丈夫

〜子どもたちが分からなくなった〜思春期外来は今

思春期男性専用外来

 「青年期の性の悩みに対応できる機関が少ないため、医学的立場からアドバイスしながら診察することを目的に設置しました。30分間男性医師と患者さんが1対1でじっくり、心を開いて話せる診察の場を用意しています」と話すのは神戸市立中央市民病院泌尿器科の石川英二医師だ。

 この病院は03年6月、男性の悩みの相談に応じる「男性思春期外来」を開設した。外来日は、月2回で、午後2時から4時半の完全予約制だ。開設から1年間で外来を利用した患者さんは54人。うち31人が30歳未満の男性だ。

 30歳未満31人の相談で多いのは、包茎に関するものが11人、自分の身体や性器などが醜いと思い悩む身体醜形障害という症状のものが9人。ぼっ起障害やマスターベーション、性感染症に関する相談もある。

 一般に泌尿器科は腎臓やぼうこうなどオシッコに関する臓器を診察する科というイメージがあるが、石川医師は「透明なもの(尿)と白いもの(精液)両方を診察する科なんですよ」と気さくな笑顔で説明する。「思春期外来では、ほとんどが、性やおちんちんの話ですね。ペニスの外見や大きさは大人でも気にする人が多いけれど、大きさも形もみんないろいろで当たり前。大きさはペニスの機能には関係ないんだよ」と、時間をかけて話す。

 それでも、「自分の性器は醜い」と思い込み、納得しない青年もいる。そんなときには、患者さんが精神的な問題を抱えていることもあるので、院内の精神科の医師と協力して治療を行う。ただし、思春期に第2次性徴が起こっておらず、性的な発達が不十分で精巣が極端に小さいというようなケースもある。この場合はホルモン補充療法をしないと将来不妊になるので、早めの受診が大切だ。

 「インターネットやポルノビデオを見て、自分のペニスは人と違うと思い込み、悩んでいる少年たちも多い。身体について自己評価が低い子どもが多いのは、間違った性情報に惑わされてしまっているからです。下半身のことは1人で悩んだり判断せず、恥ずかしがらずに信頼できる医師に気軽に相談してほしい」と、石川医師は勧める。

【ジャーナリスト 月崎時央】

石川英二医師の本

 「ティーンズNOTE10代の性のために」(神戸新聞総合出版センター)。10代の性の悩みを分かりやすく解説する。神戸中央市民病院男性思春期外来(電話)078・302・5110。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ