速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第113回】

視力0・6以下が1つの目安

この病気にこの名医

白内障手術のタイミング

 「白内障の手術は怖そうだから絶対嫌 ! 」と、かたくなに拒否していた人が、その後、眼内レンズ挿入術を受けた。そして、第一声は「こんなに良く見えるのなら、もっと早く受けるのだったわ」。

 誰にでも加齢とともにやってくる加齢白内障(老人性白内障)での手術は、どのような時期が最も良いのだろうか。「視力で判断するというなら0・6以下になったときでしょう」と、白内障の手術で定評のある東京医科大学病院(東京・新宿区)眼科の臼井正彦教授(64)は言う。

 もちろん、この条件だけではない。視力は0・6以上であっても、外に出るとまぶしくてしょうがない、という人もいる。夜間の車の運転で対向車のライトがまぶしくてたまらない人も。ドライバーなどの場合は、0・6以下になるまで待つというのでは怖いというより、危険である。

 「今日では、人それぞれの生活様式に合わせ、視力の低下などが白内障によるものであれば、手術を申し込むのに何の問題もありません。医師は白内障を確認して手術を行います」と言うと、臼井教授は次のように付け加えた。「手術の成功は100%保証されるものではありません。だから、しっかり医師選びを行って受けるべきです」。

 逆に、手術を先送りしすぎると、それによる問題も生じる。眼内レンズ挿入術では「超音波乳化吸引術」を行うが、その超音波の時間が長くなり、角膜の内皮細胞や虹彩に超音波があたるので、術後の炎症が強くなってしまう。さらに「視力が0・1以下になっていると、水晶体が硬く、医師にとって難しい手術になってしまいます。アフターケアも多くなります」。

 医師と十分に話し合って的確なタイミングで−。

 ▼虹彩 カメラの絞りに相当するのが虹彩。瞳孔の大きさを変えることで、眼に入る光の量を調節している。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆白内障の名医◆

 ▽三好眼科(広島県福山市)三好輝行院長
 ▽藤田眼科(徳島市)藤田善史院長
 ▽聖母眼科(香川県坂出市)永原国宏院長
 ▽林眼科病院(福岡市博多区)林研院長
 ▽吉富眼科(福岡県太宰府市)吉富文昭院長
 ▽宮田眼科病院(宮崎県都城市)宮田和典院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ