速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第134回】

「食事・運動療法」からスタート

この病気にこの名医

高脂血症の治療

 高脂血症の治療は、まず「食事・運動療法」からスタートする。「3カ月で駄目なら6カ月行います。それでも中性脂肪やコレステロールが高いようであれば、この段階で薬物療法に入ります」と、品川イーストワンメディカルクリニック(東京・港区)の板倉弘重理事長(68=茨城キリスト教大学教授)は言う。「高脂血症のタイプ。コレステロールのどの数値が高いのか、中性脂肪が高いのか、程度はどうか。患者さん一人ひとりの状態に合わせて、最も適した薬が処方されます」。

 ◆スタチン系薬剤(HMG−CoA還元酵素阻害薬) 日本で最も使われている薬で、肝臓でのコレステロール合成に必要な酵素の作用を妨げ、コレステロールをできにくくする。総コレステロールの低下は20〜40%と大きい。「薬物治療では最初に使われます。副作用には肝機能の異常、筋肉障害、胃のむかつき、不眠、全身の倦怠(けんたい)感などがあり、そのような副作用が出たときは、ほかの薬に代えて様子をみます」。

 ◆フィブラート系薬剤 肝臓での中性脂肪の合成を抑える。「中性脂肪が高いと、突然死に結びつくRLP(レムナント様リポタンパク)−コレステロールが増えています。今、注目されているメタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の方々に効果的な薬です」。

 ◆胆汁酸排せつ促進薬 肝臓でコレステロールを原料として作られる胆汁酸の一部は再吸収されているが、この再吸収を断ち切る。また、食品中のコレステロールの吸収も妨げる。「スタチン系で副作用が出た人に使ったり、また、スタチン系と併用したりします。副作用としては、おなかが張る、便秘などがあります」。

 薬物療法にはこのような薬を使うが、あくまでも基本は生活習慣の改善にあることを肝に銘じて治療に取り組むべきである。

 ▼メタボリック・シンドローム 内臓脂肪症候群。肥満をベースに<1>糖尿病(予備軍含む)<2>高脂血症<3>高血圧(正常高値を含む)のうち2つ以上ある場合をいう。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆高脂血症の名医◆

 ▽大阪大学医学部付属病院(大阪府吹田市)循環器内科・山下靜也助教授
 ▽広島鉄道病院(広島市東区)内科・高田耕基部長
 ▽高木病院(福岡県大川市)予防医学センター・佐々木淳教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ