速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第156回】

内視鏡対応は病巣2センチ以内

この病気にこの名医

食道がん(中)

 食道がんの病期も、他の胃がんなどのようにがん細胞の深達度(深さ)、転移の有無によって0期から4期にまで分けられる。当然、病期によって治療方法は異なる。

 0期…がんが粘膜内にあり、リンパ節転移がない(内視鏡的粘膜切除術)。

 1期…がんが粘膜内にあるもののリンパ節に転移。また、がんが粘膜下層に達しているが転移なし(手術、放射線療法)。

 2期…がんがわずかに外膜の外に顔を出している。また、周囲のリンパ節にのみ転移(手術、化学・放射線療法)。

 3期…がんが食道の外に顔を出している。また、少し離れたリンパ節にまで転移(手術、化学・放射線療法、化学療法)。

 4期…がんが食道だけでなく周囲の臓器に広がっている。また、遠くのリンパ節や腹膜などにも転移(化学・放射線療法、化学療法)。

 「0期という早期で食道がんが発見されると、内視鏡を使った患者さんの体にやさしい内視鏡的治療の粘膜切除術がコンセンサスを得られています」と言うのは、食道がん治療の世界のリーダー、東海大学医学部付属病院(神奈川県伊勢原市)外科の幕内博康病院長(60)。

 内視鏡的粘膜切除術は、ルゴール液でがん部分のみを白く浮き上がらせ、がん組織下に生理食塩水を注入。スネアといわれるループ状ワイヤをかけ、スネアを締めて高周波電流を流して焼き切る。この内視鏡の先端にキャップをつけ、がん組織をキャップに吸引して取ってくるのが吸引法。吸引法の1つとして幕内チューブを使って行われるのが「EEMRチューブ法」。幕内病院長が世界に先駆けて開発したもので、がん組織を最も広く切除できる。

 「内視鏡での治療の絶対適応はがん病巣の直径が2センチ以内です。ただ、3センチでもEEMRチューブ法では取れます。その場合は、リンパ節転移のないがんを選択して行われ、術後、リンパ管にがんが入っている場合は手術などの追加治療を考慮します」。  このほか「フックナイフ(切開・はく離法)」や「レーザー治療(PDT)」なども行われている。身体にやさしい治療を受けるには、症状のない0期で発見する必要がある。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆食道がん内視鏡治療の名医◆

 ▽東京都立駒込病院(東京都文京区)内視鏡科・門馬久美子医長
 ▽昭和大学横浜市北部病院(横浜市都築区)消化器病センター・井上晴洋助教授
 ▽川崎市立川崎病院(川崎市川崎区)消化器外科・大森泰部長
 ▽東海大学医学部付属病院(神奈川県伊勢原市)外科・幕内博康病院長
 ▽佐久総合病院(長野県佐久市)内科・小山恒男医長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ