速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第158回】

難易度高いサルベージ

この病気にこの名医

食道がんの集学的治療

 食道がんのW期は、遠くのリンパ節や食道以外の臓器に転移、浸潤している状態で、いわゆる高度進行がんである。このうち気管支や大動脈などの重要臓器に浸潤した食道がんの治療法は−。

 「多くの場合手術が困難ですから、化学・放射線療法が選択されます」と、食道がんの世界のリーダー、東海大学医学部付属病院(神奈川県伊勢原市)外科の幕内博康病院長(60)はいう。そして、続ける。

 「化学・放射線療法が効いて手術が可能になる場合もありますし、まれにがんが消えてしまうこともあります。そこで最近はステージの早いがんにも化学・放射線療法が応用されるようになりました。しかし、がんが消えなかったり、再発してくる場合もあります。そこで、今、『サルベージ手術』が行われるようになってきました」。

 注目のサルベージ手術とは、がんを根治する目的で化学・放射線療法を行ったにもかかわらず、がんが消えなかったり、再発した場合に最後の手段として行う手術である。実はこの手術、最高に難易度の高い手術。

 「放射線を照射すると照射された臓器のその部分が線維化してガチガチになったり、癒着を起こしたりしてしまいます。その状態で残ったがんを完全に切除するのは大変難しいのです」。

 もちろん、それだけではない。ほかに、化学・放射線治療後とあって患者の身体がかなり弱っているため、手術後に肺炎など合併症を起こすこともある。

化学・放射線療法が効かない患者さんにとっては大きな不利益となるため、効き目を予測する方法に関する研究がさかんに行われている。がん細胞そのものの遺伝子変化を指標に判断する方法や治療前と治療開始2週後のPET検査でのがん病巣の「生きの良さ」を比較する方法も将来期待されている。化学・放射線の効果がその患者さんにはあるのかないのか。それが分かれば、手術がいいか、化学・放射線療法がいいか対応もそれぞれ異なってくる。まさにオーダーメード医療の時代なのである。

 ▼PET検査 がんの最新検査。がん細胞は正常細胞の3〜8倍も多くブドウ糖を摂取する点を利用。ブドウ糖に信号を出す放射性物質ポジトロンを合成したFDGを体内に注入。30分安静後にPET装置で撮影すると、がん部分が分かる。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆食道がん集学的治療の名医◆

 ▽東海大学医学部付属病院(神奈川県伊勢原市)外科・幕内博康病院長
 ▽恵佑会札幌病院(札幌市白石区)消化器外科・細川正夫院長
 ▽埼玉医科大学病院(埼玉県毛呂山町)放射線科・土器屋卓志教授
 ▽東京歯科大学市川総合病院(千葉県市川市)外科・安藤鴨敏教授
 ▽国立がんセンター東病院(千葉県柏市)内視鏡科・大津敦部長
 ▽愛知県がんセンター(名古屋市千種区)胸部外科・篠田雅幸(緩和ケア部長を兼務)
 ▽近畿大学医学部附属病院(大阪府大阪狭山市)外科・塩崎 均 教授
 ▽久留米大学病院(福岡県久留米市)外科・藤田博正教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ