速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第159回】

5つに分けられ対処も違う

この病気にこの名医

脳卒中(上)

 03年の疾患別死亡者数の第1位はがんで約31万人、第2位は虚血性心疾患で約16万人、第3位は脳血管障害で約13万人。

 第3位の脳血管障害が一般的にいわれるところの脳卒中である。80年までは死因の第1位だった。今日では第3位と、患者も減っているように思われるが、そうではない。高血圧予防などが功を奏して死亡者は少なくなったが、脳卒中患者自体は増えている。患者数は150万人にも上っている。

 増える脳卒中は大きく「脳梗塞(こうそく)」「脳出血」「くも膜下出血」の3つに分けられる。さらに、脳梗塞は「心原性脳梗塞症」「アテローム血栓性脳梗塞」「ラクナ梗塞」に分けられる。

 ◎心原性脳梗塞 心臓の左心房に心房細動という不整脈が起き、それが原因で血栓ができ、その血栓が脳にとび、脳血管に詰まってしまう。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督を襲った病気として、すっかり有名になった。

 ◎アテローム血栓性脳梗塞 悪玉のLDLコレステロールが血管壁にくっつき酸化して酸化コレステロールになる。これが血管の最も内側の内膜に入り込んで粥状(じゅくじょう)の塊を作る。これがアテロームで血管の通り道を狭くする。「そこに頚(けい)動脈などの血栓がはがれて飛んで詰まるのをいいます」と、東京逓信病院(東京・千代田区)脳神経外科の野口信副院長(53)は言う。

 ◎ラクナ梗塞 脳の穿(せん)通枝(細い動脈)に高血圧の影響で動脈硬化が進み、そこに血栓が詰まる。

 ◎脳出血 「脳卒中のリスクが高い高血圧の知識が一般に広がり、管理が良くなりました。さらに、栄養状態の良さが丈夫な血管をつくり、血管が破れにくくなったので、脳出血は減少しています」(野口副院長)。

 ◎くも膜下出血 脳を包んでいるくも膜の下の太い脳動脈に瘤(こぶ)ができ、それが破裂して出血を起こす。

 脳卒中は、どの疾患かによって、治療は違ってくるので、まずは早急に正確な診断を必要とする。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆脳卒中の外科の名医◆

 ▽旭川赤十字病院(北海道旭川市)脳神経外科・上山博康部長
 ▽中村記念病院(札幌市中央区)脳神経外科・佐々木雅彦部長
 ▽岩手医科大学付属病院(岩手県盛岡市)脳神経外科・小川彰教授
 ▽広南病院(仙台市太白区)脳神経外科・清水宏明部長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ