速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第163回】

欧米では半数以上

この病気にこの名医

脳動脈瘤のコイル塞栓術(上)

 突然死の最大原因の1つといわれているのが脳卒中の中の「くも膜下出血」。脳動脈瘤(りゅう)が破裂すると、くも膜下出血で、日本では毎年人口1万人あたり1・5人から2人に起きている。

 そのくも膜下出血、そして、未破裂動脈瘤の予防治療の中心は「クリッピング法」。開頭して脳動脈瘤の根元に、チタン製の特殊なクリップでクリッピングする治療法である。

 この治療法のほかに、より体にやさしい治療が注目を集めてきている。その治療とは血管内治療の「コイル塞栓(そくせん)術」。「90年に米国のUCLAで開発され、15年の歴史があります。日本では97年から始まり、約8年の歴史です」と言うのは、日本のコイル塞栓術のリーダーである神戸市立中央市民病院(神戸市中央区)脳神経外科、脳卒中センターの坂井信幸部長(49)。「すべてエックス線透視下で行われ、未破裂の場合は局所麻酔で、破裂しているときは全身麻酔で行います」。

 脚の付け根の動脈からカテーテル(細い管)を入れ、首の頚(けい)動脈にまで送る。次に、そのカテーテルの中を通してより細いマイクロカテーテルを動脈瘤にまで送る。そして、マイクロカテーテルからプラチナ製のコイルを動脈瘤に入れる。プラチナコイルは形状記憶なので、瘤(こぶ)の中でくるくると丸くなる。瘤をコイルで埋めると血液が入らなくなり、破裂を抑えられるのである。

 体にやさしいコイル塞栓術だが、今、日本ではクリッピング術85%に対し、コイル塞栓術は15%しか行われていない。米国では50%、ヨーロッパでは70%もコイル塞栓術が行われている。「患者さんに対してクリッピング術とコイル塞栓術がしっかり選択できるような状況にしていかねば、と思っています」と、坂井部長は希望を語った。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆コイル塞栓術の名医◆

 ▽中村記念病院(札幌市中央区)脳神経外科・瓢子敏夫部長
 ▽東北大学医学部付属病院(仙台市青葉区)脳血管内治療科・高橋明教授、江面正幸助教授
 ▽自治医科大学付属病院(栃木県南河内町)脳神経血管内治療科・根本繁教授(血管内治療部教授兼任)
 ▽東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)脳血管内治療センター・村山雄一センター長
 ▽虎の門病院(東京都港区)脳神経血管内治療科・松丸祐司部長
 ▽富山医科薬科大学付属病院(富山市)脳神経外科・桑山直也講師
 ▽藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市)脳神経外科・根来真教授
 ▽名古屋大医学部付属病院(名古屋市昭和区)脳神経外科・宮地茂助教授
 ▽三重大学医学部付属病院(三重県津市)脳神経外科・滝和郎教授
 ▽和歌山県立医科大学付属病院(和歌山市)脳神経外科・寺田友昭助教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ