速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第36回】

胃の機能を温存し、切除少なく

この病気にこの名医

腹腔鏡下手術(胃がん)(下)

 がんに限らず、手術の多くは縮小手術に向かっている。胃がん手術も、内視鏡を口から入れて治療する「内視鏡的粘膜切除術」の次の段階として標準治療としては開腹手術だが、実際には13年近くにわたって内視鏡的粘膜切除術と開腹手術の中間的治療として「腹腔(ふくくう)鏡下手術」が行われている。

 「腹腔鏡下手術には2つの流れがあります」というのは慶応大学病院(東京・新宿区)外科の北川雄光講師(44)。その2つの流れとは−。「まず1つは、腹腔鏡で開腹手術と同じだけの質のある手術を行うという流れです。もうひとつは、これは腹腔鏡、開腹手術に限らず胃の機能を温存し、より胃切除を少なくしていこうという流れです」。実際、腹腔鏡下手術で開腹手術並みのことができると、グンと身体に優しい治療となる。この点については、医療機器や医療技術の進歩に伴って、かなり開腹手術と同程度に近づきつつある。

 「10年前には難しかったリンパ節の郭清(かくせい=切除すること)をも行って胃を切除。それを縫い合わせることも腹腔内で行ったり、また、腹腔内から胃を外に出して縫い合わせることも行ったりと、これは施設によって異なりますが、さまざまな方法で行われています」。

 また、胃の機能温存については、手術後に起こる「胃切除後症候群」の解消を目的にしている。「胃を切除してしまうと、食べた物は直接小腸へ。すると、血糖値がすぐに上昇するので動悸(どうき)、めまいなどの不快な症状が出ます。たとえば、胃の出口の幽門を残すことでダンピング症候群が軽減できるのです」。

 これらをより確実に行うために、実は、胃の「センチネルリンパ節生検」が大きな意味を持ってくるのである。

 ▼腹腔鏡下手術 胃や胆のうの手術の際、開腹することなく腹部に4カ所の孔(あな)をあけて、炭酸ガスで腹部を膨らませ、そこに腹腔鏡や手術器具を入れる。そして、モニターを見ながら手術を行う身体に優しい治療。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆腹腔鏡下手術(胃がん)の名医◆

 ▽亀田総合病院(千葉県鴨川市)一般外科・加納宣康主任部長
 ▽慶応義塾大学病院(東京都新宿区)外科・北島政樹教授、大谷吉秀講師、北川雄光講師
 ▽東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都文京区)消化器外科・小嶋一幸講師
 ▽癌研究会付属病院(東京都豊島区)消化器外科・福永哲医師
 ▽駿河台日本大学病院(東京都千代田区)消化器外科・松田年医師
 ▽泉大津市立病院(大阪府泉大津市)外科(内視鏡外科)・永井祐吾医師
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ