速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第62回】

エタノール直接注入で凝固壊死

この病気にこの名医

肝臓がん(内科)(上)

 消化器がんの多くは手術が中心である。肝臓がんにおいても、手術ができるケースでは手術が中心となるが、他の消化器がんと比べて、圧倒的に内科的治療法が多く開発されている。

 その代表ともいえるのが「経皮的エタノール注入療法」。肝切除ができない場合や複数の早期肝がんのある場合に適応となる。「3センチ以下の小型肝細胞がんを3個以内有している患者さんに対してです」と詳細に話すのは、大西内科(埼玉県鶴ケ島市)の大西久仁彦院長(57)。大西院長が助手で在籍していた千葉大学医学部第1内科で開発された療法である。

 82年に臨床がスタートし、12年後の94年ごろには肝がんの内科治療として広く定着した。

 腹部超音波(エコー)ガイドに従って、直径1ミリ未満の長細い針の先を皮膚から肝がんにまで刺す。そしてエタノールを直接注入して肝がんを凝固壊死させてしまう。週に2回くらいの割で行って合計で4〜6日は行う必要がある。「この療法の5年生存率は40・8%と手術と比べても遜色(そんしょく)のないものです」。

 評価は高いが、問題も含んでいる。「1個の肝細胞がんを治療するのに治療回数を多くする必要があります。さらに、治療したところからのがんの再発が少なからず見られるところが改良すべきところです」。

 肝細胞がんは早期の段階では隔壁で仕切られたいくつもの部屋からできている。エタノールはその隔壁を通過できないため、部屋の数だけ何度も針を刺さねばならない。だが、その部屋をすべて超音波で検出するのは難しい。「未治療部分が残ってしまったら、やはり再発の可能性が高いのです」。

 まだまだ問題はあるものの、肝がんの内科的治療の大きな柱であることは間違いない。

 ▼経皮的 経皮的エタノール注入療法という場合の経皮的とは、皮膚の上から注射針を刺すことをいう。皮膚を経て行われることの略になっている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆肝臓がん(内科)の名医◆

 ▽東京大学医学部付属病院(東京都文京区)消化器内科・小俣政男教授、椎名秀一朗講師
 ▽東京医科大学病院(東京都新宿区)第4内科・森安史典教授
 ▽虎ノ門病院(東京都港区)消化器科・池田健次医長
 ▽武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)消化器科・泉並木部長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ