速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第91回】

椎間板は17歳以降しだいに痛む

この病気にこの名医

椎間板ヘルニア(上)

 腰痛に悩む日本人は多く、成人の10人に1人が苦しめられているという。その腰痛の原因のひとつである腰椎椎間板ヘルニアは人口の約1%が経験しているというので、120万人。重症で手術を受ける人は−。

 「人口10万人あたり毎年46人くらいです。この手術率は米国とほぼ同じです」

 と、椎間板ヘルニア等の治療で知られる東京医科大学病院(新宿区西新宿)整形外科の駒形正志助教授(57)は数字をあげる。

 その腰椎椎間板ヘルニアとは、どのような疾患か。

ヘルニアとは「脱出」とか「飛び出す」の意味。椎間板は背骨を構成している腰椎と腰椎の間にあってクッションの役割を担っている。椎間板の中心部にはゼリー状の柔らかい髄核があり、その周囲を線維輪という厚い組織に囲まれている。

 線維輪が物理的ストレスのために傷んで亀裂が生じ、そこから髄核が後方に「脱出」してしまったものを椎間板ヘルニアという。下肢に感覚障害、運動麻痺の起こるのが大きな特徴。

 「一般に用いられるMacnubの分類では(1)『椎間板全体が後方に膨隆する』(2)『髄核が線維輪を破って後方に移動するが後縱靭帯の下に留まっている』(3)『髄核が後縱靭帯を破ったが椎間板と連続している』(4)『髄核が椎間板から遊離してしまった』の4つになります」。

 その原因は椎間板の線維輪の変性。

 「椎間板がみずみずしいのは、17歳くらいがピークといわれています。それ以降しだいに傷んできます」

 重い物を持ちあげる労働、激しいスポーツ、また、1日10本以上タバコを吸うと約20%ヘルニアのリスクがアップするという報告もある。そして、年齢的には20代から30代に多い。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆椎間板ヘルニアの名医◆

 ▽えにわ病院(北海道恵庭市)整形外科・佐藤栄修副院長
 ▽八戸市民病院(青森県八戸市)整形外科・末綱太科長
 ▽福島県立医科大学付属病院(福島市光が丘)整形外科・菊地臣一教授
 ▽千葉大学医学部付属病院(千葉市中央区)整形外科・高橋和久助教授
 ▽千葉労災病院(千葉県市原市)整形外科・山懸正庸部長
 ▽独協医科大学越谷病院(埼玉県越谷市)整形外科・野原裕教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ