速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > 社会TOP > 本紙記者コラム「見た・聞いた・思った」
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
本紙記者コラム「見た・聞いた・思った」
ページトップへ
2005/02/26付紙面より 過去のコラム一覧へ

「大人」としての自覚

編集部 上野耕太郎記者

 怒っている。子供のころから弱いものいじめが嫌いだからだ。

 パチンコ店での喫煙が発覚し無期限の謹慎処分が日本ハム球団からダルビッシュ有投手(18=東北)に下された。沖縄キャンプから21日、千葉・鎌ケ谷に強制送還された。羽田空港には報道陣を含め200人が詰め掛け、怒声と詰問を受けた。23日には在学する東北高から停学処分もあった。卒業式にも出られない雲行きだ。寮からは外出禁止、練習も1人でやっている。

 右ひざ関節炎で別メニューの中、パチンコ店に行き、喫煙した。しかも高校の卒業前の未成年。注目のルーキーだけに自分のとる行動がどのように影響するのか考えてほしかった。私は日本ハムの担当をしている。彼とは、ほぼ1カ月半、毎日顔を合わせた。これを機会にもっと大人になってほしいと思う。担当とはいえこの件について擁護するつもりもない。

 ただし、私が怒っているのは彼の行動だけではない。仙台市の藤井黎(はじむ)市長に対してだ。22日、商工会議所主催の懇談会のあいさつでこう言った。

 「(楽天に)東北出身の選手が欲しかったが、今はダルビッシュが入らなくて良かったと思う」。

 あいさつのつかみで言ったと思うが、笑えない。藤井市長やワイドショーのコメンテーターを含め「絶対安全地帯」に居ながら18歳を揶揄(やゆ)している。彼への厳しい発言は今「世間が容認している」という安心感があるように思える。ばかにしても、何を言っても「悪いのは本人だし、逆ギレして抗議なんてこないもんね」という気分が垣間見える。

 家庭や会社で話すのは勝手だ。ただ、公人が公の場で普通、そういったことを言うだろうか。市長は甲子園に出発するダルビッシュら東北高ナインに表敬訪問されたこともある。知らない間柄ではない。発言の意図について、藤井市長は「前途有望な選手でむしろ彼を案じる気持ちが大きい」と釈明したそうだ。言い訳にしか聞こえない。「弱いものいじめ」だと感じた。

 この時期に誤解を承知で言う。本人は日を追うごとにことの重大さに気付いてきている。球団関係者に事情説明するときにも涙をみせたという。自分というものを見つめ直し始めた。そういったときに「大人の」藤井市長の発言をどう受け止めるのだろうか。

 18歳はプロの自覚がないと裁かれた。今後もマイナスイメージを払拭するには時間がかかるだろう。本人もよほど努力しなければいけない。そこで思うのは藤井市長の「大人として、公人としての自覚」だ。結局はこのまま、発言も大きな問題にならずに忘れられるのだろう。

 パチンコ店には選手も十数人いたという。軽はずみなダルビッシュの行動を大人がなぜ、止めなかったのか。なぜ、毅然(きぜん)とプロの心得を教えてあげなかったのかとも思う。藤井市長も発言するのであれば、真っ正面から諭さなかったのか。大人や社会が、子どもを育てるということを忘れてしまってはいないか。

メールを送る ※このコラムへのご意見をお待ちしております。
   column@nikkansports.co.jp
上野耕太郎(うえの・こうたろう)
 94年北海道本社に入社。編集部から95年11月に東京本社整理部へ。情報企画室、システム本部、文化社会部などを経て03年に北海道本社編集部に。現在、日本ハム担当。北海道江別市出身。34歳。
上野記者の写真

前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ