nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

金欲しさと病院対応に恨み…柊羽ちゃん誘拐

 仙台市の光ケ丘スペルマン病院から、会社員山田斉さん(27)の生後間もない長男柊羽(しゅう)ちゃんが男に連れ去られた事件で、仙台東署捜査本部は8日早朝、約50時間ぶりに柊羽ちゃんを無事保護。同日深夜、身代金目的誘拐などの疑いで宮城県七ケ浜町の衣料品販売業根本信安(54)フィリピン人の妻ネモト・カルメンシータ・プラデハス(35)元娘婿で仙台市宮城野区の会社員佐藤和美(32)の3容疑者を逮捕した。根本容疑者は「金が欲しかった。以前、親類が入院したとき、対応が悪かった」と供述している。

 新生児を連れ去った上、7日夜から8日未明にかけてバッグに6150万円の身代金を入れた光ケ丘スペルマン病院の志村早苗院長(59)を約6時間にわたって翻弄(ほんろう)し、約70キロの移動を強いたのは小学2年の女児と3人暮らしの夫婦と、根本容疑者とその前妻の間の娘の元夫である佐藤容疑者だった。

 捜査本部は動機について「金品目的」とし、根本容疑者に数千万円の借金があることを明かした。脅迫状で志村院長を名指し「院長にはささいなことでも私には大きな貸しがある」と主張していたが、3容疑者と院長の面識は確認できていない。「以前親せきが入院したときに対応が悪かった」とは口にしているもようだ。

 柊羽ちゃんを連れ去ったのは根本容疑者で、約1200字の漢字片仮名交じりの脅迫文を書き、病院近くの新聞販売店に張ったのも根本容疑者、電話で院長に指示を繰り返していたのも根本容疑者だった。佐藤容疑者は根本容疑者と行動をともにしていた。カルメンシータ容疑者は自宅で柊羽ちゃんの面倒をみていたもようだ。3人とも反省し「赤ちゃん、両親にすまないことをした」と話しているという。金銭の受け取りについては「警官の姿が相当あり、あきらめた」としている。

 計6回の電話はいずれも公衆電話からで、1回目が南西に約25キロ離れた大河原町内の公衆電話からだったほかは多賀城市と仙台市に集中していた。複数の公衆電話付近で同一の白のライトバンが目撃され、捜査本部ではそのナンバーから根本容疑者を割り出し、8日早朝から任意で聴取していた。

 院長が仙台から石巻、矢本と動き回った事件は、最後の指示場所である三陸道の「9キロポスト」で連絡が途絶えた後、急展開した。午前5時38分ごろ、「国立病院の裏の廃虚に赤ちゃんを解放した」という電話が光ケ丘スペルマン病院に入った。捜査本部が宮城野区の国立病院機構仙台医療センターを捜索したところ、病院敷地内の廃屋にあった台車の上に、連れ去り時と同じ産着姿で毛布に包まれ無事だった柊羽ちゃんを発見した。捜査員はその直後、七ケ浜町の根本容疑者宅に向かい、任意同行を求めた。

[2006/1/9/08:09 紙面から]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】代表馬ファン投票を [09日11:13]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.