速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  おくやみ
 

湯口栄蔵氏(メキシコ五輪サッカー代表選手)が死去

 メキシコ五輪サッカーで銅メダルを獲得した日本代表のメンバー、湯口栄蔵氏(ゆぐち・えいぞう)が、03年2月2日午後11時54分、奈良市内の病院で亡くなっていたことが分かった。57歳だった。葬儀・告別式は4日に行われた。

 湯口氏は大阪市出身で、関大を卒業後、ヤンマーでプレー。MFとして頭角を現し、メキシコ五輪の日本代表メンバーに入った。控えのMFだったが、1次リーグ第3戦のスペイン戦に0−0の後半30分から出場。決勝トーナメント準々決勝で地元メキシコとの対戦を避けるため「このまま引き分けろ」という長沼健監督の指示をメンバーに伝えた選手として知られている。同試合を含め、国際Aマッチ5試合に出場し、1得点を挙げている。

 引退後は近大の監督を務めるなどしたが、昨年から体調を崩し療養していた。メキシコ五輪メンバーでは、昨年5月に死去した宮本征勝氏(享年63)に続いて4人目の物故者になった。

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ