速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  おくやみ
 

元日本代表のネルソン吉村さんが急死

67年の日本リーグ、古河−ヤンマー戦での吉村氏(右)と釜本邦茂氏

 元日本代表MFの吉村大志郎さんが03年11月1日午後0時55分、脳出血のため兵庫県尼崎市内の病院で死去した。56歳だった。67年にブラジルから来日し、日本リーグ初の外国人選手としてヤンマー入り。驚異的なテクニックで「世界の釜本」を支え、チームに数々のタイトルをもたらした。70年の日本国籍取得後は日本代表としても活躍、引退後も指導者として後進を育て、現在はC大阪のスカウトを務めるなど、日本サッカーに多大な功績を残した。

 突然の訃報(ふほう)だった。約1カ月前から検査入院していた吉村氏はこの日朝のリハビリ後、同室の患者にトーストを焼いてあげるなど普段と変わらぬ様子だったという。しかし「少し休む」と言って眠りについたまま、帰らぬ人となった。

 かつてヤンマーの黄金期を支えたテクニシャンも、近年は病に苦しんでいた。数年前から何度かの入退院を繰り返したが、原因が分からなかった。昨年2月ごろには、肺に水がたまる症状で入院。C大阪スカウト担当としての活動をしながらも、周囲には「息が苦しくて地方出張はしんどい」と漏らしていたという。

 日本サッカーにもたらしたものは、あまりに大きかった。釜本とのコンビで、日本リーグ下位だったヤンマーをトップチームに押し上げた。75年の日本リーグ最終戦、国立競技場での三菱との優勝を決める一戦には、当時としては異例の3万5000もの観衆が集まった。68年のメキシコ五輪後、低迷する日本サッカー界を支えた1人だった。

 「ネコ」の愛称は、ネルソンの名とボールとじゃれ合う姿から。足にボールが吸い付く技術は、日本人に未知の驚きを運んだ。サッカー少年はその技をまね、その技見たさに試合に通った。当時ヤンマー監督のC大阪鬼武会長は「日本のサッカー界にめちゃくちゃ貢献した男だよ。あいつを見てほかの選手もうまくなり、ファンも増えたんだ」と、当時を振り返った。

 来日した時に「私はブラジル人。1年で帰る」と決めていた吉村氏だが、結局37年間も愛する日本サッカーのために多くのものを残し、愛する日本で逝った。その後、多くのブラジル人が日本で活躍し、日本国籍を取得して日本サッカーのために戦ったのも、偉大な先人がいたからだ。指導者としても日本サッカーを愛し続け、スカウトとしてもFW大久保ら多くの人材を発掘した。まだ56歳。あまりにも早すぎる死だった。

写真=67年の日本リーグ、古河−ヤンマー戦での吉村氏(右)と釜本邦茂氏

◆吉村大志郎(よしむら・たいしろう)
 1947年8月16日、ブラジル日系2世「ネルソン吉村」として生まれる。5歳でサッカーを始め、サンパウロ州日系2世クラブリーグで66年に得点王を獲得。67年にヤンマー入りし、日本リーグ4回、天皇杯3回優勝。通算189試合出場の日本リーグでは72年にアシスト王に輝き、通算アシスト54は歴代5位。3度リーグベスト11に選ばれる。70年に「吉村大志郎」として日本国籍を取得。日本代表として73年のW杯予選など国際Aマッチ45試合(歴代32位)7得点。80年の引退後はコーチ、監督などを務め、現在はC大阪のスカウトとして活躍していた。
葬儀日程
 ▼通夜 2日午後7時から尼崎市西長洲町3の7の7、阪神平安祭典会館で。
 ▼告別式 3日午前11時から同所で(通夜、告別式ともにキリスト教式)。
 ▼喪主 妻吉村多恵子(よしむら・たえこ)さん。

釜本氏、目に涙「戦友だ」

 釜本邦茂氏(日本協会常務理事、59)は、かつての「恋人」の訃報を団長を務めるU−22日本代表の遠征先、カタールのドーハで聞いた。1日の昼に日本からの連絡で知り、夕方の練習には目を真っ赤に腫らして現れた。「ヤンマーのいい時代を2人でつくった仲間。本当に残念」と話した。

 もし、吉村氏がいなかったら「世界の釜本」は生まれていなかったかもしれない。それほど、大きな存在だった。67年に早大からヤンマー入りした半年後、吉村氏がブラジルからきた。「彼からボールテクニックなどを学んだ」。釜本氏は抜群の技術をまねて、盗んだ。68年のドイツ短期留学から帰国後は、1年間吉村氏の部屋で生活もした。

 大学時代ゴールを重ねてきた強烈なシュートに、柔らかな「吉村流」のテクニックが加わった。ボールをピタリと止めるトラップを身につけて「不世出のストライカー」が誕生した。日本リーグ得点王7回、通算202得点というケタ違いの数字を最もアシストしたのも、吉村氏だった。

 「ヤンマー立ち上げから一緒にやってきた。彼は戦友だよ」と釜本氏。「酒も飲まないし、引退後は別の仕事をしていたから、最近は会ってもあいさつするぐらい」と話したが、きずなは固い。「もう少し早くプロリーグができていれば…。もっといい仕事をさせてやりたかったけれど…」。そう話して目を潤ませた。


 ◆日本国籍を取得した日本代表選手 吉村氏に影響を受けて、ブラジルから来日した選手が、国籍を取得して日本代表として活躍した。ヤンマーのチームメートだったMF小林ジョージは72年に代表入りして国際Aマッチ3試合出場。読売クラブの与那城ジョージは85年のW杯本戦出場のかかった韓国戦前に「切り札」として代表入りし、2試合に出場した。

 同じ読売クラブMFラモス瑠偉は、日系人以外では初の日本代表。89年に日本国籍を取得し、93年のW杯最終予選まで国際Aマッチ32試合に出た。97年のW杯予選前には平塚のFW呂比須ワグナーが国籍を取得して代表入り。初の本戦出場に貢献した。現在は清水のMF三都主アレサンドロが代表で活躍。水戸のDF田中マルクス闘莉王もU−22代表入りを目指している。

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ