速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  おくやみ
 

マヒナスターズの和田弘さんが急死

前列左が和田さん

 「誰よりも君を愛す」「お座敷小唄」などのヒット曲で知られる「和田弘とマヒナスターズ」のリーダー和田弘(わだ・ひろし)さんが04年1月5日午前9時15分、神奈川県川崎市内の病院で、不整脈のため死去した。72歳だった。腎臓病治療のため通院していた病院で、この日倒れたまま息を引き取った。マヒナスターズは、日本初の歌謡コーラスグループとして、50〜60年代に数多くのヒット曲を世に送り出した。

 急死だった。和田さんは、この日午前8時すぎ、持病の腎臓病の治療で透析をするため、自家用車を自ら運転し、都内の自宅から、川崎市高津区の病院に向かった。治療までの待ち時間に、売店に向かって歩いていた途中の廊下で突然、倒れた。すぐに病室に運ばれたが、午前9時15分、息を引き取った。妻は病気療養のため入院中。長男もヨーロッパ旅行中のため、病院で1人きりで亡くなった。

 和田さんは、7〜8年前から、体調不良を訴えていた。腎臓病と診断され、定期的に透析や検査を受けていた。97年1月に体調を崩し、緊急入院したこともあった。CD発売こそなかったが、昨年までステージに出演するなど、音楽活動は続けていた。今年は、グループ結成50周年にあたり、新曲のレコーディングも計画されていた矢先の出来事だった。関係者によると、和田さんは、体調が悪くても、仕事を続けることを望んでいたという。

 和田さんは、作曲家の故浜口庫之助さんに師事した後、ハワイアンバンドを経て、54年に「和田弘とマヒナスターズ」を結成した。スチールギターを担当する和田さんをリーダーに、ボーカル、ウクレレ、ベースなど6人編成。都会派歌謡にジャズやハワイアンの要素を加え、日本初のムード歌謡コーラスグループとして、50〜60年代の音楽界をリードした。和田さんの弾くむせび泣くようなスチールギターの響き、甘くやるせないコーラスが人々の心をつかんだ。故松尾和子さんとのデュエット曲「誰よりも君を愛す」は第2回レコード大賞を受賞。吉永小百合、三沢あけみらとのデュエットでも人気を集めた。メンバーはその後、入れ替わったが、89年に全盛期のオリジナルメンバーで再出発し、話題を集めた。

写真=67年当時の和田弘とマヒナスターズ。前列左が和田さん

◆和田弘(わだ・ひろし)
 本名同じ。1931年(昭和6年)2月15日、東京生まれ。53年に「山口銀次とマヒナスターズ」を結成。翌年にリーダー山口が脱退。和田(スチールギター)がリーダーとなり「和田弘とマヒナスターズ」に。「東京の人」「好きだった」「泣かないで」「お座敷小唄」などヒット曲多数。60年に松尾和子(故人)とのデュエット「誰よりも君を愛す」で日本レコード大賞受賞。デュエットは多く、多摩幸子「北上夜曲」(61年)吉永小百合「寒い朝」(62年)三沢あけみ「島のブルース」(63年)田代美代子「愛して愛して愛しちゃったのよ」(65年)がある。
葬儀日程
 ▼通夜 7日午後6時から。
 ▼告別式 8日正午から。いずれも東京都中野区中央2の33の3、宝仙寺で。
 ▼喪主 おいの和田隆史(わだ・りゅうし)氏。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ