nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > スポーツTOP > ゴルフ > 村口史子のシンプルゴルフ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
ゴルフ
大会日程&結果
選手名鑑
国内男子ゴルフ
国内女子ゴルフ
村口史子レッスン
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
村口史子プロのゴルフレッスン
2006/03/16 過去のコラム一覧を見る

ラフからはヘッドを浮かせてストローク

― グリーン外からのパターの使い方 ―

Q:  グリーンの外に、ちょっとこぼれたボールは可能であればパターで打つことにしています。グリーンの外からのパターの使い方を教えてください。
グリーンの外からパターを使うときは、芝の影響を受けないようにヘッドをやや浮かせて構える(左)パターのソールを地面に着けて構えると、抵抗を受けてしまう
写真=グリーンの外からパターを使うときは、芝の影響を受けないようにヘッドをやや浮かせて構える(左)パターのソールを地面に着けて構えると、抵抗を受けてしまう

 ゴルフのボールは地面を離れると風の影響を受けたりして、曲がりやすくなります。まず転がして攻めるのが一番。昨年、世界殿堂入りを果たした青木功プロは「ゴルフはゴロフ」と言って、転がしのアプローチで世界を舞台に活躍しました。昨年の全英オープンでは強風の中、タイガー・ウッズがグリーンまで50ヤードもあるアプローチをパターで打って寄せ、栄冠をつかみました。私、村口史子もスコアメークの基本は転がし。その中でもグリーンの外からのパターでの転がしは、基本中の基本と思います。

 例えばグリーンの花道にボールがあって、ピンまで20ヤードくらいの距離を考えてみてください。サンドウエッジでスピンをきかせたボールで1・5メートルのところへキュキュッと止めるとカッコイイですね。でも、その1・5メートルが必ず入る保証はありません。それよりパターを使って1メートル以内に寄せ、カップインさせる。派手さはありませんが、こちらの方が、はるかに簡単で確実です。

 ではグリーンの外からのパッティングで、注意しなければならないことを考えてみましょう。ボールが花道にある場合は、あまり気にしなくていいのですが、ラフにある場合はパターの構え方に気を付けてください。

 この場合、パターのヘッドをちょっと浮かせて構えてください。ソールをぴったり着けてしまうと、ラフにヘッドの勢いが食われて安定したストロークができません。パターヘッドはあくまでも、地面と平行になるようにストロークしてください。ヘッドを上から打ち込むようにストロークしてはいけません。逆回転のスピンがかかって、ボールの転がりが悪くなります。順回転で転がりのいいボールになるようにストロークしましょう。

 そして一番の難敵となるのがグリーンの縁のカラーです。カラーがボールの勢いを殺し、ゴルファーの距離感を狂わせます。構える前にカラーの芝の状態を、しっかりチェックしてください。雑草などが交じっていると、抵抗はより大きくなります。またカラーに食われるのが気になって、ボールをヒットする瞬間にパンチが入ってしまうことがあります。これを防ぐには、パターのグリップを一定の力でしっかり握ってストロークすることが肝心です。

 構えたら、しっかりと素振りを行いましょう。適当にではなく、実際に打つのと同じようなストロークをしてください。パターヘッドの入る角度、強さを打つ前にすべて決め、それをイメージして素振りをするのです。最後に気を付けなければいけないのは、ヘッドアップ。間にカラーがあるので結果が気になり、打った瞬間にボールの行き先を見ようとしてしまいがちです。パターヘッドの重みを感じながら、しっかりと打ちましょう。近くに寄ればいいなんて考えじゃいけません。絶対に入れる! その気持ちが、ボールをカップへと導くのです。

 ◆次週は「砲台グリーンの攻め方」です。

 <取材協力>千葉カントリークラブ川間コース http://www.chibacc.co.jp/


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

メールを送る ※あなたのゴルフに関する悩み、疑問をメールでお寄せください。村口プロのレッスン紙面化の参考にします。
   fumiko@nikkansports.co.jp

村口史子(むらぐち・ふみこ)
 1966年(昭和41年)8月30日、東京生まれ。90年プロテスト合格。91年「サントリーレディース」で初優勝。99年に賞金女王。昨シーズン終了後に引退表明。ツアー通算7勝。165センチ、58キロ。血液型B。

前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。