速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
click here!
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > スポーツTOP > ゴルフ > 内藤雄士の「世界最新スイング」
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
ゴルフ
大会日程&結果
選手名鑑
国内男子ゴルフ
国内女子ゴルフ
内藤雄士レッスン
ゴルフ体験隊
新製品情報
ニッカン・イベント
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
内藤雄士の「世界最新スイング」
2004/11/04 過去のコラム一覧を見る

ザックリ防止はバンスを接地させる

― アプローチ後編 ―

 今月はアプローチの後編です。まずはキャリーとランがほぼ5対5の比率になるピッチ&ランを紹介します。確実にグリーンへ乗せて、ランで寄せる最も使用頻度の高い技術です。理論を頭に入れれば、ザックリの恐怖心からも解放されます。では手順を説明しましょう。

 ピッチ&ランについても、基本は「アドレスの再現」です。ただ、ランニングアプローチほどハンドファーストの構えにはならず、ロフトの角度通りにボールを打ち出します。グリップから確認しましょう。

アドレスでは左足体重で、ボールは中央にセットする アドレスでは左足体重で、ボールは中央にセットする

 グリップ スクエア気味、もしくはウィークのグリップを心掛けます。通常のショットで使うストロンググリップは飛ばすためのグリップであり、飛ばすことよりも寄せることに重点を置くアプローチには適しません。左手のナックルが2個程度、自分から見えることが目安になります。

 アドレス ボールに対して、まずは両足をそろえて立ちます。次に両足を広げて、スタンス幅の中央にボールがくるようにセットします。位置はスタンスの中央にセットします。インパクトフォームと同じ体勢のアドレスを作るので、体重は左足に乗せます。

 テークバックとトップ グリップとヘッドの位置が、体の正面から外れないように、体と手の動きを同調させるイメージでクラブを引きます。

 インパクト ここでもグリップとヘッドの位置が体の正面にあるようにします。何度も繰り返しますが、アドレスの再現を強く意識してください。

 フォロースルーとフィニッシュ インパクト後もグリップとヘッドの位置が、体の正面から外れないように振り抜きます。フィニッシュはトップスイングと同じ大きさを意識。左右対称の振り幅にすることがポイントになります。

 手首の使い方 手首をこねたり、コックを利かしたりする必要はありません。アドレスで作ったややハンドファーストの角度を最後までキープします。体の回転に同調させて腕を振るので、スイング中に手首の角度が変わったり、腕の振りが強まったりすると、インパクトにずれが出て、ミスの原因になります。

(右)ボールの赤道部分より下を意識することでトップは防げる (左)アドレスの地点からバンスを接地させれば、ダフリは防止できる (右)ボールの赤道部分より下を意識することでトップは防げる (左)アドレスの地点からバンスを接地させれば、ダフリは防止できる

 悪い例 ザックリ(ダフり)、トップはアプローチにおいて、致命的なミスです。グリーン周りからパーを取るチャンスが一転、大たたきのピンチに陥るわけですから。これを恐れるあまり、手が動かずアプローチイップスになるケースは、プロでも見られます。ザックリはボールを打ち込もうという意識から、リーディングエッジ(歯)がボールの手前に入ってしまうケースです。またトップとは、ボールの赤道部分より上方を打ってしまうミスです。異なるミスに見えますが、その原因は共通しています。代表的な例が小さなバックスイングです。距離に見合わない小さいバックスイングでは、それを補おうとする意識のためにダウンスイングから急激にヘッドを走らせようとして、手首を無理に使い、体が泳いだり、クラブが正しいスイング軌道から外れてインパクトポイントがずれたりします。逆に大きすぎるトップスイングによって、インパクト前にスイングスピードに緩みが生じることもあります。さらにはトップスイングよりも小さいフィニッシュでは、距離感だけでなく、スイング全体のバランスを崩すことになります。

 ミスの解消法 ザックリを防止するには、バンス(ヘッドのソール後方の出っ張り部分)を有効に使うことです。アドレスの時点から、リーディングエッジではなくバンスを接地しておけば、ダフった状況になってもヘッドはスッと滑って許容範囲でボールを拾うことができます。次にトップを防ぐには、ボールの赤道部分より下を意識することから始まります。この部分の少しでも下をヒットできればボールは自然と浮きます。いずれにしても打ち込むのではなく、低く長いインパクトゾーンでボールをロフトの角度通りに上げることがポイントです。そして距離に応じたバックスイングと同じだけの振り幅でフィニッシュをとる。リズム良く振って左右対称にです。スコアメークに向けて練習しましょう。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

メールを送る ※ゴルフ企画、コラムに対するご意見、ご感想をお寄せください。
   lovegolf@nikkansports.co.jp

内藤雄士(ないとう・ゆうじ)
 1969年(昭和44年)9月18日、東京生まれ。日大ゴルフ部では丸山茂樹らと同期。米国にゴルフ留学し、サンディエゴアカデミーなどで最新のスイング理論を学んだ。98年から日本ツアーでプロコーチでの活動をスタート。01年に丸山と契約し、日本人で初めて米ツアー(USPGA)プロコーチとして、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会に参加した。(株)ラーニングゴルフクラブ(杉並区高井戸)の代表取締役で、2月から新宿駅ビル「マイシティー」屋上で開校した「クラブ23ゴルフスクール」を丸山と主宰している。

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ